連載
» 2011年06月10日 08時00分 公開

失恋とは、男として成長するための“肥やし”既婚男性が、今から婚活するとしたら(3/4 ページ)

[中山順司,Business Media 誠]

失恋とは、男として成長するための“肥やし”

伴侶選びは、理論や数字で割り切れない(写真と本文は関係ありません)

中山:星野さんって、あまり考えすぎないというか、女性に対して細かい注文をしないですね。

星野:強いて言えば、タバコを吸う方は個人的に苦手ですが、それ以外はとやかく言わないですねえ。

中山:そうなんですか。執着心が薄い印象も受けます。

星野:人間なんて、自分の人生すら思い通りにできないでしょう? だったら、相手のいる結婚とか恋愛のコントロールなんてできっこない。カネ、権力、腕力、何をもってしても、人の心を支配するのは不可能ですから。

中山:やはり、年齢と(実際の結婚の)経験がそう言わせるのでしょうか?

星野:心のどこかで、どうせ人間なんて欠陥だらけだしって思っている部分はあります。学んで変化、成長する生き物でもありますが。

中山: 改まってそう言われると切ない気分になりますが、確かにおっしゃるとおりです。

星野:伴侶選びは、理論や数字で割り切れない。だから、自分と相手の本能と直感を信じます。最後は、それしかないでしょう。

中山:自分からアクションをするとなると、失恋することや、気にかけてくれないとか、傷つくこともありそうです。

星野:うん、それはあるでしょう。きっと何度もね。でも、僕だったら相手から断られることを、いちいち気にしないです。縁が無かったと割り切って、考えすぎないこと。

中山:このご意見は、もれなく全ての取材対象の方がおっしゃる言葉です。安全地帯に留まってリスクを冒さずして、恋愛は発生しないのでしょうね。

星野:傷つくことは、前提として起きると思っておくほうがいいでしょうね。考えてもみてください。声をかける全ての女性に好かれて、モテまくるほうがどうかしているでしょう? 少々フラレてふつうでしょう?

中山:おっしゃるとおりですね。モテまくるイケメンに生まれ変わりたいです(笑)。

星野:男として成長するため“肥やし”だと思って、せいぜい失恋しては立ち直る。これを繰り返しましょうよ。で、いつか相思相愛になれるときが来る。僕が若返ったら、ぜったいにそうしますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -