コラム
» 2011年09月26日 07時00分 公開

杉山淳一の+R Style:第53鉄 電車を撮る、グッズを買う――秋の楽しみ、車両基地見学攻略ガイド (4/8)

[杉山淳一,Business Media 誠]

JR系の車両基地は懐かしい車両が多め

 蔵出し車両を見たいなら、おすすめはJR系の車両基地だ。なにしろ国鉄時代からの歴史があるので、懐かしい車両が多め。事業規模が大きいだけに、各地からイベントのための展示車両を搬入してくれたりする。

ぶどう色の旧国鉄形車両たち(JR東日本東京総合車両センター、2005年8月)
大改修工事を経て復帰したD51形蒸気機関車(JR東日本尾久車両センター)
旧型客車の車内が休憩所として解放されていた(JR東日本尾久車両センター)
引退した寝台特急北陸の寝台車。背景に建設中の東京スカイツリーが見える
貨物列車用の車掌車「ヨ8000形」。貨物列車の車掌業務が廃止になってしまったため、現在は使用されていない(JR貨物隅田川駅)
地下鉄日比谷線からは引退した3000系トップナンバー(東京メトロ綾瀬車両基地)
小田急ロマンスカーSE車も丁寧に保存されていた(小田急海老名検車区)
小田急ロマンスカーSE車の客室。二人掛けのシートがロマンスを盛り上げる(小田急海老名検車区)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -