連載
» 2011年11月22日 08時05分 公開

ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと (5/5)

[窪田順生,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

「ほら……サピオの方ですよね」

 なにはともあれ、参加者のなかに「日本が大変なことになっているので、いてもたってもいられなくなった」ということで鹿児島からやってきた40代女性がいたので、感想を聞いてみた。

 「こういう抗議は上京してから初めて出たんです。フジテレビのデモにも参加しましたが、こっちはまた違いますね。声を出したり音を鳴らすと、通行人のなかには怖がる人もいますが、黙っているのでプラカードもちゃんと見てくれている」

 と、まんざらでもでない。西村氏ら主宰者からも「鹿児島からきたなんて、すばらしい愛国者だ」と大歓迎を受け、みんなで「おつかれさま食事会」に行ってしまった。

 その背中を見送っていると、ふいにベテラン風の私服刑事がニコニコしながら近づいてきた。中国大使館前でもあった恒例の職質か。

 「あの、どうも……ほら、えっと……サピオの方ですよね」

 「え……あ、はい……」

 「台湾問題とかもよくやっているもんねえ」

 「まあ……」

 どうも誰かと勘違いをしているようだが、あいまいに頷いておいた。確かに雑誌『SAPIO』では何度か記事を書かせてもらったことはあるが、台湾問題などチンプンカンプンである。ま、余計なことを言うと面倒なので、「おつかれさま」とその場を後にした。

 静かなる怒りを秘めて無言の抗議をおこなう人々と、それに対峙(たいじ)する沈黙の警官隊。なにやら日本人的な“わびさび”すら漂うこのシュールな世界に興味があれば、毎週水曜正午に韓国大使館へ行ってみるのはいかがだろうか。12月7日までおこなっているそうだ。

デモ終了まで残り5分。最後の力を振り絞ってプラカードを韓国旗にむかって掲げる。もちろん参加者の“お口はミッフィー”である

窪田順生氏のプロフィール:

1974年生まれ、学習院大学文学部卒業。在学中から、テレビ情報番組の制作に携わり、『フライデー』の取材記者として3年間活動。その後、朝日新聞、漫画誌編集長、実話紙編集長などを経て、現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌でルポを発表するかたわらで、報道対策アドバイザーとしても活動している。『14階段――検証 新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。近著に『死体の経済学』(小学館101新書)、『スピンドクター “モミ消しのプロ”が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)がある。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -