インタビュー
» 2013年01月30日 08時14分 UPDATE

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(後編):本当に? ミドリムシで飛行機が飛ぶ日 (5/6)

[土肥義則,Business Media 誠]

出雲:そうですねえ……弊社はミドリムシのオーディション会社ですので、飛行機を飛ばそうと思っても、本物の飛行機が必要ですよね。でも、飛行機は持っていません。また石油会社に油をチェックしてもらわなければいけません。でっかいミドリムシのプールを造るときには、プールを造ることができる業者に協力してもらわなければいけません。こうした状況を考えると、ドラゴンクエストの「ルイーダの酒場」に似ているかもしれません。

土肥:ルイーダの酒場といえば、旅人たちが仲間を求めて集まる出会いの酒場ですよね。

出雲:ミドリムシは魔王を倒すわけではありませんが、飛行機を飛ばす仲間は集まりました。勇者・ミドリムシのレベルはまだまだ低いかもしれませんが、仲間のレベルは高い。

土肥:ミドリムシのレベルをもっと上げないといけない?

出雲:ですね。現時点のレベルは低いのですが、数年以内にはきっと飛行機を飛ばしてくれるでしょう。

土肥:そのミドリムシも石垣島で培養されているのですか?

出雲:石垣島では食用のモノだけですね。飛行機を飛ばす能力があるミドリムシは、違う設備で育てています。

土肥:日本のどこかに“秘密のプール”があるわけですね(笑)。

出雲:ですね。そのプールはベールで包まれているのですよ(笑)。

yd_midori04.jpg

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -