連載
» 2013年07月10日 12時00分 公開

知っておきたいニュースな言葉:なぜ政治家の話はイマイチなの? スピーチの基本を学ぶ (3/3)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

ビジネスパーソンにも使える、人前での話し方

大手町:ビジネスパーソンにも使える、人前での話し方を教えていただけますか?

岡本:ストーリ性をもって話すことが大切ですね。イントロがあって、ボディがあって、そしてクロージングする。イントロでは「今日は○○の話をします。言いたいことは3つ」といった感じで。ボディではストーリーの流れに沿った話をして、クロージングでまとめる。こうした構成がなければ、話を5分聞いただけでも「この人、なにが言いたいの?」となってしまいますね。

 言葉は、3つ並べると収まりがいいです。見ざる、聞かざる、言わざる――のように、言葉を3つ並べるだけで、しっくりくることがあるんですよ。そうしたキーワードを語るときには、スタンプを押すようにゆっくり話すとより効果的ですよね。

 あと、対立する言葉を並べるとインパクトがあります。例えば、戦争と平和――。2つの対立する言葉を使うことで、聞こえ方が違ってくるんですよ。

マコ:なるほどー。とっても勉強になりました。大手町先輩、私と付き合って、「愛」と「地獄」を味わってくださいね。

大手町:た、確かに、インパクトがある(怖)。

(終わり)

プレゼンの基本

  • 論旨からぶれていないか。
  • 論旨をサポートするエビデンスは十分示されているか。
  • イントロ・ボディ・クローズの3部構成になっているか
  • 映像、写真、パワーポイントなどを上手に使っているか。
  • 聴衆が聞き取りやすい、分かりやすい声、発音になっているか。
  • アイコンタクトをしっかりし、聴衆の関心をキープしているか。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -