連載
» 2013年08月01日 08時00分 公開

サイバーセキュリティを見直してみては? 背筋が凍る解説本相場英雄の時事日想(3/3 ページ)

[相場英雄,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

サイバー空間の行く末も予想

 『サイバーセキュリティ読本』には、セキュリティ関係の記述だけでなく、今後のサイバー空間の行く末を予測する項目もある。

 例えば、CIA元職員が暴露した米国の個人情報収集システム、プリズムについての記述も盛り込まれているほか(関連記事)、世界の情報機関や軍関係者がサイバーセキュリティにどのような関わりをもっているかにも触れている。

 最後に、一田氏がインターネットを利用する上での心構えを伝えているので紹介する。

 ・現代は、相互監視、盗聴、盗撮、漏洩、犯罪社会であることを認識すること 

 ・天気予報やニュースをチェックするのと同じように、サイバーセキュリティ情報にも気を配ること

 一田氏は、アンチウイルスソフトは万能ではなく、保険的な意味合いだと触れていた。だが、同書を読み終えた直後、私がセキュリティソフトのアップデートを実行したのは言うまでもない。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -