連載
» 2014年03月04日 08時00分 公開

なぜコンビニは販売不振の「白飯」を売り続けるのかご一緒に“おでん”いかがですか(4/4 ページ)

[川乃もりや,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

弁当チェーンの売り上げを奪っていく

 現在、コンビニ各社は、ファストフードの販売を強化している。セブン-イレブンはこれまで見向きもしなかったのに、最近は店内にフライヤーを設置して、コロッケや唐揚げなどを販売している。ファストフードの商品が充実してくると、「ついでに白飯でも買おうか」というお客さんも増えてくるだろう。

 筆者はまだ見たことがないが、一部の店舗では、ファストフードと白飯を組み合わせたセット販売を始めているという。廃棄リスクが高い「弁当」と違って、店舗で状況を見ながらつくることができるファストフードはリスクが減るので、実はオーナーにとっては“イケてる商品”なのだ。

 以上のように、コンビニというのは「売り上げが不振だから……」といった理由で、棚から外さない商品がある。それは、お客さんの要望であったり、戦略的な品ぞろえであったり、理由はさまざま。コンビニ各社は店内で淹れたコーヒーを販売することで、ファストフードやカフェチェーンから売り上げを奪った……とも言われている。次はどんな商品を狙っているのか。勘の良い読者なら、もうお分かりだろう。「ファストフード+白飯」を定着させ、弁当チェーンの売り上げを奪う戦略なのだ。

今後は「ファストフード+白飯」のセット販売に注目だ
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -