インタビュー
» 2015年01月14日 08時00分 公開

ミスドとセブンのドーナツ、味はどのくらい違うの? 味覚センサーで分析仕事をしたら“ドーナツの味”が見えてきた(3/5 ページ)

[土肥義則,Business Media 誠]

セブンのドーナツ+コーヒー=相性がいい

セブンはコーヒー+ドーナツ市場を育てようとしている

土肥: 次に、ドーナツとコーヒーとの相性度を聞かせてください。なぜセブンがドーナツにチカラを入れていくかというと、コーヒーができるまでの時間に「ついで買い」を促して、新しい収益源を狙っているから。一般的に「ドーナツとコーヒー」の相性はいいと思うのですが、味覚センサーではどのような結果がでましたか?

鈴木: ミスドのドーナツに対しては、ミスドオリジナルローストコーヒー、セブンのドーナツに対しては、セブンカフェで分析しました。その結果、すべてのドーナツにおいて、ミスドよりもセブンのほうが“相性がいい”というデータがでてきました。

土肥: おー!

鈴木: 基本的にドーナツの甘味とコーヒーの苦味のバランスになるわけですが、ミスドの場合、コーヒーの苦味よりもドーナツの甘味のほうが強い。強いということは、コーヒーの苦味を少し消してしまうんですよね。

土肥: ミスドのドーナツはキャラが強い感じ?

鈴木: はい。先ほども申し上げましたが、セブンのドーナツは甘さを控えています。なぜこうした味にしたかというと、コーヒーとの相性をかなり意識されたのではないでしょうか。ドーナツの甘味とコーヒーの苦味がお互いを引き立て合う――といった感じですね。特に、チョコオールドファッションとコーヒーとの相性は最高点(90.7点)をはじきだしていますね。

土肥: ミスドもコーヒーとの相性を分析していると思うのですが、数値をみると苦味が低いですね(セブン2.85、ミスド2.72)。

鈴木: 相性のことを考えると、甘味と苦味は同じくらいにしたほうがいいんですよ。なので、ミスドはドーナツの甘味を低くするか、コーヒーの苦味を強くするしかありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -