インタビュー
» 2015年01月14日 08時00分 公開

ミスドとセブンのドーナツ、味はどのくらい違うの? 味覚センサーで分析仕事をしたら“ドーナツの味”が見えてきた(5/5 ページ)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

コーヒーの味をより本格的に

土肥: なるほど。味覚センサーのデータをみて、気になる点はありますか? ここをこうしたらいいのに……といった感じで。

鈴木: セブンは、コーヒーの味をより本格的にしたほうがいいかもしれません。特に、苦味と酸味を強くしたい。

 コーヒーだけを飲む場合、甘い系を飲む人がいますよね。カフェラテとか。一方、甘いモノと一緒に飲む場合、ブラックを飲む人がいますよね。なぜかというと、甘いモノを食べたので、苦いモノでリフレッシュしたいから。甘いモノを食べて、ブラックを飲んで、甘いモノを食べて……を繰り返す。

 そう考えると、セブンはドーナツ用のコーヒーを開発すると面白いかもしれません。

土肥: 相性を強く意識しているので、より苦いモノですね。

鈴木: はい。

土肥: すでに開発は終わっていて、発売日をいつにするかタイミングを狙っているのかもしれませんよ(笑)。だって、コーヒーがたくさん売れているのに、まだ1種類だけって不自然ですから。

鈴木: 確かに。発売されたら、また分析させてください。

土肥: おー、楽しみですー。それにしてもこの企画……ドーナツを食べることができてうれしいのですが、ちょっぴり体格がよくなっちゃいましたよ。

(終わり)

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -