連載
» 2015年01月23日 06時00分 UPDATE

売れる文章術:「何を書いたらいいのか分からない」 (2/2)

[中野巧,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

5.バックグラウンド(背景)

 私は仕事効率化のためにテンプレートを作る必要がありました。メルマガやブログの文章を書くときに、効率的かつ効果的な文章を短時間で書くためのノウハウが必須だったからです。

6.プルーフ(論拠)

 この穴埋め文章作成テンプレートには、3つの特徴があります。

  • 1つ目は、穴埋めするだけで伝わる文章が書けるようになること。
  • 2つ目は、すでに1万人以上の人が実践し多くの結果を出していること。
  • 3つ目は、誰でも論理的で説得力のある文章が書けるようになること。
※1つひとつを詳しく書きますが、ここでは省略します。

7.コンクルージョン(結論)

 つまり、このテンプレートを穴埋めするだけであなたのビジネスを加速させる文章が書けるようになります。

8.ベネフィット(相手が得をすること)

 その結果、あなたも相手の心をつかむ反応率の高い文章が書けるようになります。

9.ベイビーステップ(はじめの一歩)

 ソーシャルメディア時代にあなたがさらなる飛躍をするために、今すぐこちらのページをご確認ください。

ks_image03.jpg

 いかがでしょうか?  例として構成が分かりやすいように骨組み(文章構成)だけを書きましたが、もしあなたがテンプレートの価値を感じ、ページを確認してみたいという気持ちになっていたなら成功です。この骨組みをベースにそれぞれの文章のつながりを馴染ませながら肉付けしていくと、論理構成のしっかりした文章になります。

関連キーワード

ビジネス | コツ | スキル


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ