連載
» 2015年06月05日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:なぜ大井川鐵道の経営再建に北海道のホテル会社が? (4/4)

[杉山淳一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ありがとう名鉄

 大井川鐵道の事業再生の記者会見では、大井川鐵道社長の伊藤秀生氏と前田氏と並び、保坂和孝氏の名前もある。保坂氏はエクリプス日高のオーナーとのことで、大井川鐵道への出資決定にかかわっているはずだ。保坂氏については意外なところから情報を得た。犬の散歩で通っている公園だ。この公園は競馬場の近くで、厩舎関係者も訪れる。

 「日高の保坂さんといえば馬主さんでしょうか。お会いしたことはありませんが、知り合いの厩舎でも預かっているはず。中央競馬にも馬を出しているようだから資産家ですよ。保有馬は少なく、良い馬を選んで持つ堅実なタイプだと思います」

 私は競馬をよく知らないけれど、だいたいこんな内容の話だった。そうか、大井川鐵道の蒸気機関車(アイアンホース)たちは、馬主さんが救ってくださるというわけか。

大井川鐵道は今年3月に創立90周年を迎えた 大井川鐵道は今年3月に創立90周年を迎えた

 大井川鐵道の名鉄からきた取締役が、再生支援計画を作った。そこで名古屋でビジネス経験をした経営者と、そのスポンサーを推薦した。名鉄の撤退ではあるけれど、ちゃんと大井川鐵道の今後の道筋を考えていた。これは潔い決定と言える。

 晩年は少し残念なこともあったけれど、名鉄が大井川鐵道を支えてくれた時代がある。だから今、私たちはSL列車を楽しみ、トーマスに心を躍らせる。そもそも、大井川鐵道でSLの保存運転に尽力された元副社長、白井昭氏も名鉄の出身だった。名鉄に感謝するとともに、名鉄推薦(?)新社長の手腕に期待したい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間