連載
» 2015年07月24日 08時00分 公開

米メディアが見た白鵬は「孤独なヨコズナ」赤坂8丁目発 スポーツ246(4/4 ページ)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

“希代のヒール”にしてはいけない

 日本にいると気付きにくい「スモウ」の視点で横綱白鵬を見ると、こう映るようだ。これが正しい見解なのかは断じることはできないが、少なくとも米スポーツメディアの雄であるESPNが日本国内における今の白鵬バッシングを奇異としてとらえているのは間違いない。もっと言えば、ただ白鵬を叩くだけではなく、横綱の周囲を取り巻く環境や日本相撲協会関係者に対しても、しっかりと検証の目を向けるべきというのが同局側の主張のようである。

 確かに白鵬だけを悪者にするのはいかがなものかと思う。日本人であろうが、外国人であろうが、力士は力士なのだ。日本の歴史に名を残す大横綱をこのまま“希代のヒール”にしてはいけない。真の相撲ファンの多くはそう願っているはずである。

 円滑なコミュニケーションは、どこの組織にも求められること。日本相撲協会も同じだ。今後はぜひ白鵬との距離を縮め、ムード改善に尽力してほしい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -