Mobile:NEWS 2002年9月6日 00:47 AM 更新

不調を公式に認め始めたFOMA──8月事業者別契約者速報

全体に低調だった8月、ドコモの単月シェアは50%を割った。FOMAは2002年度末に130万契約という目標を達成できる見込みが薄くなった

 電気通信事業者協会(TCA)は9月6日、ブラウザフォンサービス契約数を含めた携帯電話/PHSなどの2002年8月の契約数を発表した。それによると、この1カ月間で携帯電話契約数は38万5300増えて、7162万2200。


グループ名2002年8月純増数累計
NTTドコモ16万10004192万2000
au(KDDI)12万52001293万1000
ツーカーグループ-7100386万8200
J-フォン10万62001290万1000
携帯電話総計38万53007162万2200

 8月は携帯電話全体の純増数が38万と低調。新機種の発売もなく、価格競争が中心だったためと推測される。中でも大きく単月シェアを減らしたのはNTTドコモ。再び50%を割った。

 9月以降、J-フォンやauは注目の端末を順次投入してくるが(9月5日の記事参照8月26日の記事参照)、ドコモの大型商品は年末がめど。当面は苦しい戦いを強いられそうだ。

グループ名単月シェア累計シェア
NTTドコモ41.8%58.5%
au(KDDI)32.5%18.1%
ツーカーグループ-1.8%5.4%
J-フォン27.6%18%


各キャリアの単月シェアの推移。504iシリーズと251iシリーズで他社を圧倒した6月、7月に比べ8月は低調。年末に控える504iSシリーズの投入まで、目立った端末の予定は1、2機種しかない

 第3世代携帯電話では、もはやCDMA2000 1xとFOMAを比較できる状況ではなくなってきた。200万契約を突破したCDMA2000 1xは(8月26日の記事参照)、このまま行けば予定通り2003年3月には700万台に手が届きそう。

 逆に、2002年度末に130万台達成を目指していたFOMAは、8月も6100契約が増えるに留まった。目標達成に強気だったドコモの立川敬二社長も「これまでの進展を考えると下方修正はある程度やむを得ない」と語り(9月5日の記事参照)、FOMA不調を公式に認め始めた。


 ブラウザフォンサービスでは、EZwebがJ-SKYをひっそりと逆転した。KDDIはPDC端末のcdmaOneへの切り替えを進めており、それも作用したと思われる。ただしJ-SKYは対応端末数であり、厳密な比較はできない。

サービス2002年8月純増数累計
iモード38万00003444万4000
EZweb21万89001095万9800
J-SKY15万39001094万3400
総計75万28005634万7200

PHS、DDIポケットはかろうじて純増

 全体としては減少の止まらないPHSだが、勝ち組、負け組も見えてきた。

 AirH"のさらなる強化を行うDDIポケットはかろうじて純増。データ通信利用者は、約300万の契約者のうち100万を占め、ますますその割合が増している(9月5日の記事参照)。音声からデータ通信への移行が進むにつれ、純増数にも伸びが現れてくるだろう。なお、日本通信などのMVNO(仮想移動体通信事業者)に回線卸売りを行っている分については、TCAの契約者数にはカウントされていない。

 アステルグループでは、8月も9100の純増を果たした関西のケイ・オプティコムが好調。既に32万3200の契約者を獲得している。逆に、鷹山に譲渡されたアステル東京は-7200の純減。今後の新サービスもまだ不透明で、しばらくは厳しい状況が続きそうだ(8月26日の記事参照)。

グループ名2002年8月純増数累計
DDIポケット600294万9400
NTTドコモ-2万4000184万8000
アステルグループ-190084万8100
総計-2万5300564万5500



関連記事
▼ ドコモ好調──7月事業者別契約者速報
7月は、新シリーズ「504i」と「251i」を投入したドコモの強さが目立った。KDDIは、単月では3位だったものの、第3世代サービスへの切り替えは着実に進んでいる

▼ ドコモ復調。しかしFOMAは伸び悩み──6月事業者別契約者速報
6月はドコモも復調し、単月シェアを50%以上に戻した。しかし、FOMAのほうは相変わらず調子が悪い。6月だけで45万もの純増を果たしたKDDIの「CDMA2000 1x」とは対照的だ。既に国内の第3世代携帯電話の9割以上はCDMA2000 1xとなっている

▼ ドコモ、単月シェア3位に転落──5月事業者別契約者速報
ついに携帯電話契約数が7000万人を突破した。うち76%はブラウザフォンだ。しかし各事業者の伸びは明暗を分けた。ドコモはまさかの単月シェア3位。第3世代携帯電話競争でも、毎月30万以上の契約を獲得しているKDDIに対して、ドコモのFOMAは失速気味だ

▼ CDMA2000 1xが200万人を突破
auの第3世代携帯電話サービス「CDMA2000 1x」のユーザーが、5カ月足らずで200万人を超えた


関連リンク
▼ 電気通信事業者協会(TCA)

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!