検索
レビュー

使ってみれば、まるで別物――iPhone 6s/6s Plusは“スマートフォンを再発明”した(2/4 ページ)

iPhoneは長足の進歩を遂げたが、根幹となるユーザー体験の部分は「初代iPhone」を改善し洗練させていく道程だったのだ。しかし、iPhone 6s/6s Plusに触れて、その状況が変わるのではないかと感じた。「6s」の真価はどこにあるのだろうか?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

きれいな写真が撮れるから、「とてもきれいな写真が撮れる」へ

 正直なところ、iPhone 6s/6s Plusは3D Touchの部分だけでも十分に魅力的だ。しかし、両機の魅力は3D Touchだけに留まらない。なかでもカメラ性能の向上は、実際の使い勝手のよさに直結する素晴らしいものになっている。

 Appleはカメラにおいても、ハードウェアとソフトウェアをうまく調和させて「きれいな写真/動画を撮影する」ことに重きを置いてきた。これは当たり前のようだが、かなり難しい。多くのAndroidスマートフォンが、カメラデバイスのスペック表の数字は立派なのに、iPhoneほど手軽にきれいな写真が撮れずにいる。これはハードウェア的にいくら高性能なカメラデバイスを搭載しようとも、ソフトウェア側の画像処理がお粗末であったらきれいな写真が撮れないということの証左である。

 さて、iPhone 6sとiPhone 6s Plusのカメラだが、Appleはこちらも先代からの抜本的な刷新を図った。

photo
1200万画素にアップしたメインカメラ

 まずメインカメラは、画素数をこれまで(実にiPhone 4s時代から!!)の約800万画素から約1200万画素に増やし、センサーデバイスも一新したのだ。新型センサーは先代同様に像面位相差AF対応の裏面照射型CMOSだが、隣り合う撮像素子で光が混じり合うクロストークを防止する「ディープ・トレンチ・アイソレーション」を導入。さらに階調表現をより自然にする「ローカルトーンマッピング」を改善したりと、画素数を増やすことで起こるノイズ増加などのネガティブ要素を払しょくするための技術を取り入れている。画素数の増加に合わせて、動画撮影の高度化も図られ、最大4Kのムービーが撮れるようになった。

photo
iPhone 6s Plusで撮影。画素数が1200万画素に上がっただけでなく、画像処理エンジンのソフトウェアも一新されて、従来よりもさらに精緻で美しい写真が簡単に撮れるようになった。水面の波紋や水滴の質感、背景の建物の緻密な描写に注目してほしい
photo
iPhone 6s Plusで撮影。軒先に干してあるトウモロコシを撮影。トウモロコシの一粒一粒をはじめ、描写力が高さが分かる
photo
iPhone 6s Plusで撮影。忍野八海のわき水を撮影。光の反射、水面の揺れる様子、泉の底まで光が透過していくグラデーションと沈んでいるコインの様子など、高画素化に加えて巧みな画像処理でとても美しく描かれている
photo
iPhone 6sで撮影。空と雲と山並みの色合いが、とてもナチュラルで美しい
photo
iPhone 6s Plusでパノラマ写真。こちらも高画質化により、先代までよりもきれいな写真になっている
photo
iPhone 6s Plusで屋内撮影。やや薄暗い店内でも、明るくくっきりとした写真になっている。左側の扇風機に注目してもらうと、質感がよくでており、表現力の高さが分かる
photo
iPhone 6s Plusで撮影。秋ならではのカボチャのチーズケーキとロイヤルミルクティー。ケーキそのものの色合いと、生クリームの質感がよく出ている
photo
iPhone 6sで撮影。米粒だけでなく、スパイスの粒子までくっきりと描写されており、おいしそうな写真になっている。こういった料理写真も、基本的にシャッターを押せばきれいに撮れる

 またセルフィー需要で重要度が高くなっているインカメラについては、約500万画素に向上。輝度が足りない時にディスプレイを強く発光させてフラッシュ代わりとするRetina Flashという新機能も搭載した。

 このようにiPhone 6s/6s Plusでは、カメラ性能というスペック部分でも高度化を図ったのだが、それで終わらないのがAppleらしいところだ。今回はハードウェア的な高画素化を行ったことにあわせて、ソフトウェアも徹底的にチューニング。作例も見てもらえば分かるが、これまで以上に精緻で美しい写真が撮れるようになっている。もともとiPhoneのカメラは、“細かな設定をしなくても、シャッターを押せばきれいな写真が撮れる”という簡単さが特徴だったが、今回はそれが「とてもきれいな写真が撮れる」にレベルアップした印象だ。

 そして、さらに圧巻なのが4Kによる動画撮影である。これまでもソニーモバイルのXperia Zシリーズをはじめ4K撮影ができるスマートフォンはあったが、iPhoneでもこれに対応。標準状態ではフルHDモードだが、設定を変えることで4Kモードでの撮影ができるようになった。

iPhone 6sで撮影。4Kモードを使用して撮影したもの。通常のフルHDでも十二分に美しいが、4Kだとさらに描写が細かくなる。今後、4Kの出力関係が増えてくれば、iPhone 6s/6s Plusは手軽な4Kカメラとして重宝しそうだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る