Special
» 2012年12月07日 10時00分 公開

2012年秋冬のEIZOディスプレイ注目モデル対決!――人気投票&豪華プレゼントフルHD液晶×2台、JBLスピーカーセット、カラマネ液晶が当たるかも(5/5 ページ)

[ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3|4|5       

結論はあなたが決めてください――プレゼントの応募はこちらから!

 それぞれの製品のよさを認め合いながら、結局は譲らなかった3人。あなたはFlexScan EV2336W-FS、FORIS FS2333、ColorEdge CX240-CNXのうち、どの液晶ディスプレイが最も欲しいと思いましたか?

僕の、オレの、エミのディスプレイが一番なんだ〜!(なの〜!)

 さあ、3人に代わって、あなたの選択でこの物語を締めくくりましょう。以下の入力フォームから「欲しいと思った機種」を選択し、その理由をご記入ください。最も得票数を獲得した製品に投票いただいた方の中から、抽選でその製品を1名様にプレゼントします。今回は当選者の方にそのよさを十分体感いただけるように、FlexScan EV2336W-FSはデュアルディスプレイセットを、FORIS FS2333はJBLスピーカー「JBL CAS-33」とのセットをそれぞれ用意しました。

(1)FlexScan EV2336W-FS × 2台(豪華デュアルディスプレイセットです!)

FlexScan EV2336W-FS × 2台

(2)FORIS FS2333+JBLスピーカーセット(「JBL CAS-33」とのセットです!)

FORIS FS2333+JBLスピーカーセット

(3)ColorEdge CX240-CNX(測色センサー&ColorNavigator付きです!)

ColorEdge CX240-CNX

 投票結果といただいたコメントは、後日こちらの記事内で紹介させていただきます。奮ってご応募ください!

 ※プレゼントは終了いたしました。ご応募ありがとうございました。当選された方には1月中旬にご連絡させていただきます。

当選結果の発表です!(2013年1月28日追記)

 EIZOチャンネル読者の皆さま、たくさんのご応募と3人への温かいコメントをいただきまして、誠にありがとうございました。投票結果を発表する前に、ご応募いただいた方の中から、注目のコメントをピックアップして紹介します。

「FlexScan EV2336W-FS」(EV2336W-FSの2台セット)派の注目コメント

 ディスプレイは1日に何時間も見るものなので、目の疲れがだいぶ気になります。徹底して目に優しいディスプレイというのはすごくありがたいですし、それでいて省電力、コストパフォーマンスもよいというのがこのディスプレイを選んだ主な理由です。3製品の中で1番ベゼルが薄いのも自分の中ではかなりの好印象です。マルチディスプレイ環境にすると、どうしてもベゼルは目立ってしまいます。地味ですが、いざマルチディスプレイにしようと思うと、結構大事な部分なのでよいと思いました。


 最近FXを始めてやっと慣れてきたサラリーマンです。今のディスプレイ環境では効率の悪さを感じ、そろそろマルチディスプレイかな……と考えていたときにこの記事を見つけました。印刷業に携わっているものとして、特に写真のレタッチなどでは、色再現や色域の広さ、階調の深さの重要性も十分に理解していますが、多くの人にとっては「目に優しい」とか「価格」、「多くの情報が表示できる(=大画面やマルチディスプレイ)」といったことが重要だと思います。


 デュアルディスプレイだからといって2倍ではありません。使い方は何倍にもなるのです。縦位置表示のデュアル画面は当たり前のようにWebの制作、更新作業に最適です。映像編集には長いタイムラインを映し出せる横位置表示のデュアル画面が便利。また、1枚をデスクトップマシンに、もう1枚をノートパソコンにつなげば、まさにマルチタスクな環境が目の前に広がります。そんなわけで豪華デュアルディスプレイセットを選びました。デュフフ。


 ディスプレイは仕事でも、プライベートでもほんとに長時間対面しているものです。テレビと違って至近距離で直視してしまうため、何十年という歳月を経過していく中で、目に与える影響を考えた場合、ものすごいと思います。商業的に安いとかでは現在のことしか考えておらず、人間に対しての影響力、特に未来に対しての影響力を根本的に考える必要があると思います。この商品は目に優しい機能へ業界で初めてアプローチしており、今後ディスプレイの基準となることを望んでいます。


 ゲームもグラフィックス制作もやりませんが、PCは昼から使いますので、輝度調整は毎度のお仕事です。お天気は気まぐれですから、晴れても雲が隠せば切り替え、切り替えたかと思うとまた晴れるという繰り返しには正直ゲンナリです。「Auto EcoView」、よさそうですねー。さらに疲れ目防止機能。この2つは魅力的です。デュアルディプレイで魅力もさらに倍増。それとコウガさん! 知的眼鏡キャラ萌え〜 ……(゚Д゚)ハッ!! そうじゃなくて、FlexScan EV2336W-FSの紹介ぶりには見た目通りの切れ者を感じさせますが、デイトレードはほどほどに、経験上……。


「FORIS FS2333」(JBLスピーカーセット)派の注目コメント

 FPSなどのゲームをするうえで、今まではマウスとキーボードにしか凝っていませんでしたが、ディスプレイも重要なんだと気付かされました。Smart Insight機能は一瞬の判断が命取りになるFPSでは、かなり使えると思います。暗い部分だと、敵と間違って障害物などを撃ってしまって敵に位置がバレたり、敵がいるのに気付かなかったりすることがよくあります。ただ輝度を上げるだけではなく、自然な表現になるよう自動調整してくれるのもうれしいです。FPSでは戦場の緊張感も重要なので、雰囲気を損なわずに補正できるのは素晴らしいです。


 私がディスプレイを購入した2年ほど前は、応答速度の問題でIPS方式の製品はゲームに向かないといわれていたので、IPSでありながら「ゲーム向け」と位置付けられるFORIS FS2333に一票入れさせていただきます。暗い場面で何がなんだかよく見えないというのも「あるある」なので、Smart Insightも魅力的です。


 何よりも超解像! 実際の使用においてこれほど有用な機能はないと思います。他の機種にスタンドの可動範囲は劣りますが、スタンダードな使い方であれば、回転する必要もないですし、ずば抜けたカラーマネジメント、疲れ目対策は不要かと思います。やはり、少しでも美しく、見やすく、マルチメディアに長けているFORIS FS2333の圧勝だと思います。ゲーム向けで、PS3やXbox 360、Wii UにもHDMIで接続できて、暗いところだけを明るくする技術が入っているのもよかったです。


 機能的には、もちろんColorEdgeが優れているのは分かるが、私にはそこまでの厳密な色表示は必要ないかな。FlexScanとFORISは迷うが、エンターテインメント性を前面に押し出したFORISの方が万人受けしそう。特に、動画再生を考えるとFORISに一票。


 EIZOでゲーム用のディスプレイを作っているとは知りませんでした。現在はFlexScan S1921を使っていますが、たまにゲームを行う場合、映像が流れてしまうので、応答速度の速いFORIS FS2333が欲しいです。また、他社製のディスプレイでは応答速度以外がまったく駄目なので、ユージくんイチオシのこの製品を試してみたいです。


「ColorEdge CX240-CNX」(測色センサー&ColorNavigator付属)派の注目コメント

 やはり色再現性が高いことは他に代え難く、創作活動や、写真の管理に高い性能を発揮してくれるであろうこと。画面領域が1920×1200ドットのディスプレイはあまり選択肢がなく、A3ノビをほぼ実寸表示してくれるのはFlexScan L997の使用者としてとても魅力的である。


 2年ほど前からデジタル一眼を始めました。昨年からRAWで撮影をしているのですがフォトコン用に撮ったデータを写真屋さんで現像すると、ディスプレイで見たものと現像された写真が全然違ってました。写真屋さんに相談をしたところ、原因はディスプレイの設定とのことでした。何度もディスプレイの色を調整しましたが、まったくうまくいかないため、ColorEdge CX240-CNXがぜひ欲しいです。


 コミケはやりませんが、写真を撮っています。当然、最後は紙にプリントするのですが、画面の色との違いったら! 画面のイメージの色を出すまでに何度試し刷りをやり直すことか! 紙代、インク代だってバカになりません。で、最終的にプリントで「よし」とした画像をディスプレイで見ると、逆にむちゃくちゃな色になってるんです。ありえない。だからキャリブレーションができるディスプレイが絶対に欲しいんです。10万円は払えませんが、スカイツリーどころか上空1000メートルからバックロールエントリーですよ!


 正確な色表現が必要な仕事に携わっているので。誤った色でレタッチしていては、お客さんと戦うこともできないですよね。


 エミちゃんの言うとおりだと思うよ〜♪ うちも同人誌とかしていてそう思った。なかなか思うような色がでないのに苦戦してます(苦笑)。メカには詳しくないうちでも簡単にセットができちゃうという説明に納得♪ Web用にもセットができて印刷用にもセットができて一石二鳥って感じがいいです。


結果発表! より多くの支持を集めたEIZOディスプレイは!?

 お待たせしました。それでは投票結果の発表です。

 今回はColorEdge CX240-CNX(測色センサー&ColorNavigator付属)が1位、FlexScan EV2336W-FS(EV2336W-FSの2台セット)が2位、そしてFORIS FS2333(JBLスピーカーセット)が3位という結果になりました。ColorEdge CX240-CNXは高い色再現性と表示安定化技術、FlexScan EV2336W-FSは疲れ目対策機能とデュアルディスプレイの利便性、FORIS FS2333はゲームや動画再生向けの独自機能への支持が目立ちました。


 最後に3人のコメントをどうぞ。

エミ みんな、エミを応援してくれてありがと〜! 写真やイラスト、マンガの色にこだわるなら、やっぱりColorEdge CX240-CNXしかあり得ないわん。おかげで冬コミのタイトスケジュールも無事に乗り切れたし、頑張って導入してホントによかった……デュフ(笑)

コウガ 惜しくも1位は逃したが、疲れ目対策を徹底追求したFlexScan EV2336W-FSのよさを多くの方に認めていただけたので、及第点としておこうか。弟のユージには勝利して、兄としての威厳は保てたしな、フッ。

ユージ ぐはっ! どう見ても1番常識人のオレが3位だなんて……。だけど、ColorEdge CX240-CNXは高額だし、FlexScan EV2336W-FSは2台セットだったので不利は仕方ないか。オレはFORIS FS2333に備わったSmart Insight、Smart Resolution、Smart Detectionの3大スマート機能に大満足してるので、まったく後悔してないぜ。ゲームファンのみんな、応援サンキュー!


 今回のプレゼント企画はこれにて終了ですが、これら3製品が気になった方は、ぜひ以下の関連記事もチェックしてみてください。また、2013年2月1日〜11日の間、EIZOダイレクトではセールを開催します。セール期間中は今回紹介した3機種がさらにお買い得になるので、要チェックです。


EIZO ダイレクトのセール情報

2月1日(金)10:00〜2月11日(月・祝)24:00の期間、EIZOダイレクトの9周年記念セールが開催されます。期間中は、FlexScan、FORIS、ColorEdgeが全品9%OFF(セット商品も含む)でお買い求めいただけます。


FlexScan EV2336W-FS×2台



FlexScan EV2336W-FS×2台
通常販売価格:7万5600円



セール価格:
6万8796円



FORIS FS2333+スピーカーセット



FORIS FS2333+スピーカーセット
通常販売価格:4万8800円



セール価格:
4万4408円



ColorEdge CX240-CNX



ColorEdge CX240-CNX
通常販売価格:10万4800円



セール価格:
9万5368円




前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ナナオ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

インフォメーション

関連リンク

活用&ノウハウ

/pcuser/articles/1610/26/news004.jpg

ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。

/pcuser/articles/1603/18/news017.jpg

スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。

/pcuser/articles/1412/11/news009.jpg

スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。

/pcuser/articles/1403/05/news004.jpg

PC、スマートフォン、タブレット――いつもディスプレイに囲まれて、目や首、肩に余計な負担がかかっているのでは? 心当たりがある人は、症状が悪化する前に、これを読んで今すぐ対策しよう。

/pcuser/articles/1307/09/news005.jpg

PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。

/pcuser/articles/1112/07/news004.jpg

ディスプレイから目を守るメガネ「JINS PC」が人気だ。エネルギーの強い青色光を特殊なレンズで防ぐことで、目にかかる負担を軽減できるという。これと同じように、ナナオもディスプレイメーカーの立場から長期に渡って疲れ目対策を講じており、その最新モデル「FlexScan EV2335W」にはさまざまな機能が備わっている。それでは、目の疲れに敏感なJINS PCの担当者は、FlexScan EV2335Wの表示をどう見るのだろうか?

/pcuser/articles/1105/25/news001.gif

今や生活の一部になりつつある電気製品の「節電」だが、どこまで意識して実践できているだろうか。液晶ディスプレイの節電を考えた場合、日ごろの運用で無駄に電気を使っていないか、そして効果的な省エネ策とは何なのか、今こそ普段の利用スタイルを見直してみよう。

/pcuser/articles/1009/27/news004.jpg

スマートフォンをはじめ、iPadなどのスレート型端末、デジタルカメラの背面液晶、ニンテンドーDS、そしてWindows 7など、最近注目を集めるデジタル製品はタッチパネルへの対応が1つのキーワードになっている。ひとくちにタッチパネルといっても、画面に触れた指やペンを検出する方式はさまざまだ。今回はタッチパネルの基本的な検出方式を取り上げ、その特徴と最適な用途について紹介しよう。

/pcuser/articles/1005/31/news001.jpg

動画コンテンツの魅力を最大限に引き出すには、“動画の”表示品質に優れた液晶ディスプレイが必須だ。今回はいくつかのサンプル動画を用意し、液晶ディスプレイにおける動画の表示品質をチェックしていこう。

/pcuser/articles/1004/22/news002.jpg

普段から何気なく使っている液晶ディスプレイの表示品質を、きちんと確かめてみたことはあるだろうか? テストパターンなどを使ってチェックしてみると、普段気付かなかった表示品質の問題点に気付くことも少なくない。今回は液晶ディスプレイの表示品質を評価するための基本的なポイントと、誰でも手軽に試せる方法を紹介しよう。

FORIS

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1407/08/news003.jpg

マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?

/pcuser/articles/1401/20/news001.jpg

動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。

ColorEdge&カラーマネジメント

/pcuser/articles/1306/21/news002.jpg

新スタイルの共用オフィス空間である「コワーキングスペース」は、新しいコミュニティが生まれる場所としても注目され、都市部を中心に急増している。そんなコワーキングスペースの中に、EIZOのカラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge」が期間限定で自由に使える場所があるという。これは試してみる価値が大いにありそうだ。

/pcuser/articles/1208/30/news007.jpg

カラーマネジメント液晶ディスプレイを導入すれば、デザイン業務の効率化や完成度の向上が期待できる。とはいえ、「そんなことは分かっているけど、とても高くて導入できないから、ちょっといい通常のディスプレイでガマンするしかない」といったデザイナーは少なくないだろう。ナナオの「ColorEdge CX240」は、「いつかは、カラーマネジメント液晶ディスプレイ!」と願う、こうしたユーザーにとって福音となるかもしれない。

/pcuser/articles/1202/27/news006.jpg

カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?

FlexScan

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1409/18/news007.jpg

徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。

About EIZO

/pcuser/articles/1401/27/news005.jpg

EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。