検索
ニュース

最強水冷やOC特化にガンダムも! ASUSTeKから個性派Z590マザーがザクザク古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

大型連休の直前に、ASUSTeKからROGブランドやガンダムコラボのIntel Z590チップセット搭載マザーボードが登場した。ASRockからもオーバークロック特化のRadeon RX 6900 XT搭載グラフィックスカードが登場するなど、とがったパーツ好きには見逃せない状況となっている。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 先週のマザーボード売り場では、ASUSTeKのIntel Z590チップセット搭載マザーボードが複数目立っていた。

水冷対応のROG MAXIMUS XIII EXTREME GLACIALは18万円!!

 ROGシリーズのウルトラハイエンドと言えるのが「ROG MAXIMUS XIII EXTREME GLACIAL」だ。EK Water Blocksとコラボレーションした水枕を採用し、CPUやVRM、チップセット、M.2スロットなどをひとまとめに冷却できる。価格は18万円前後だ(税込み、以下同)。

 TSUKUMO eX.は「仕様的にも1週前に出た『ROG MAXIMUS XIII EXTREME』の水冷版といった存在ですね。11万円のマザーにEKの水冷ブロックを加えたら、まあこれくらいの価格になるのかなと。25万円超の『Z590 AORUS XTREME WATERFORCE』もあって、感覚がマヒしてきたのかも」と苦笑していた。

ROG MAXIMUS XIII EXTREME GLACIAL
ASUSTeK「ROG MAXIMUS XIII EXTREME GLACIAL」のパッケージ
ROG MAXIMUS XIII EXTREME GLACIAL
マザーボードの大半が覆われており、中央に1.77型の有機ELパネルが内蔵されている

 オーバークロック特化のモデルでは「ROG MAXIMUS XIII APEX」が登場している。価格は6万4000円前後だ。基板上に再起動用のリトライボタン、スローモードなどに切り替えるスイッチ、起動時のステータスを示す4つのLEDや液体窒素(LN2)モード用ジャンパーなどを備え、メモリスロットは2基となる。

 オリオスペックは「Core i9-11900Kなどのオーバークロックに重宝しそうです。第11世代Core iのオーバークロックを盛り上げるカンフル剤的な存在になってくれたらいいですね」と評価していた。

ROG MAXIMUS XIII APEX
ASUSTeK「ROG MAXIMUS XIII APEX」のパッケージ
ROG MAXIMUS XIII APEX
基板の大部分がヒートシンクで覆われている

 また、機動戦士ガンダムのコラボシリーズに属する「Z590 WIFI GUNDAM EDITION」も注目を集めている。同シリーズは2月下旬から複数ジャンルのパーツや周辺機器で展開しており、当時はIntel系マザーとして「Z490(WI-FI)GUNDAM EDITION」が発売されていた。新チップセットが登場して後継モデルが登場した形だ。価格は3万7000円前後となっている。

 ドスパラ秋葉原本店は「人気のコラボシリーズですし、これを機にPCを組み立てるという人が増えるといいですね。グラフィックスカードの入手性は相変わらず厳しいですが……」と話していた。実際、新マザーの投入と同時に「ROG STRIX GeForce RTX 3080 GUNDAM EDITION」の再入荷も一部で確認されたが、やはりどこでも売り切れとなっている。

Z590 WIFI GUNDAM EDITION
店頭に並ぶASUSTeK「Z590 WIFI GUNDAM EDITION」
Z590 WIFI GUNDAM EDITION
コラボモデルらしく、地球連邦軍のマークも見える

 続いて、グラフィックスカードの新モデルを見ていこう。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る