キーワードを探す
検索

「ログ管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

キヤノンITSは、SOLIDWORKS向け設計支援ツール「SOLiShie Ver.8」を提供開始する。国内のSOLIDWORKSユーザーのヒアリングに基づき開発した、「スケッチ基準線作成」「二等分線の作成」「設計テーブルクリエイター」など63種類あるツールを1つから購入できる。今回はユーザー要望が多かったライセンスログ分析機能を強化した。

()

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、UTM製品に対する24時間365日の運用監視を行うサービス「MSS for UTM」の提供を開始した。複数のセキュリティ機能によるログを横断的に分析することで、攻撃の兆候や異常を高精度に検知し、強固な多層防御体制を実現できるという。

()

人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。

()

近年の複雑化した企業システムの円滑な運用には、各種ログを素早く分析し、管理に必要な情報と知見を得る“アナリティクス”の要素が不可欠となった。しかし、ログ統合管理システムの多くは高額で、適切な運用には高度な知識と経験が求められる。マイクロソフトのクラウド型管理ソリューション「Microsoft Operations Management Suite」では、誰でも簡単かつ安価に高度なログ分析を実践できる「Log Analytics」機能が提供されている。

()

サーバやセキュリティのログを分析してサイバー犯罪や社内の不正に対処する方法、アプリケーションログ管理によってアプリケーションの挙動を分析し、より良いソフトウェアの構築に活用する方法、セキュリティシステムを自動化する方法を解説する。

()

標的型攻撃などの脅威から被害を防いだり、抑止したりするために活用したいのが、企業や組織で蓄積されている多種多様なログの情報だ。日本IBMの「QRadar」ソリューションは、リアルタイムなログの相関分析による脅威の可視化や脆弱性管理、疑わしいアクティビティをたどってデータを復元し、証拠証跡として用いることを可能とするフォレンジックといった広範なセキュリティ対策におけるプラットフォームとして注目を集めている。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る