キーワードを探す
検索

「クラウドサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

テレワークやクラウドサービスの利用が進む中、「オンプレミスインフラの業務システム」「オフィスにいる従業員」を前提とした従来のセキュリティ対策では限界が生じつつある。効果的なセキュリティ対策はどのように進めるべきか。

()

monomodeは「テレワークに役立つクラウドサービス カオスマップ2021年度版」を公開した。クラウドサービスを「コミュニケーション」「バックオフィス」「セールス」の3つのジャンルに分け、約100件のサービスを掲載している。

()

大手自動車販売会社のInchcapeはクラウドERPの「RISE with SAP」を導入し、そのインフラとして「GCP」を採用した。Inchcapeがクラウドサービス活用を進める理由と、同社のデータ活用に関する取り組みを説明する。

()

急成長を遂げるSaaS領域において、日々多くのニュースを目にするようになった。freee、Sansanといった上場企業の台頭だけでなく、SmartHRをはじめとする未上場フェーズの企業においても大型資金調達が報じられるなど新興企業の台頭が著しい。その中で異質な"商社発"のバーティカルSaaS企業が存在する。建設現場の労務安全書類作成・管理クラウドサービス「グリーンサイト」を提供するMCデータプラスだ。

()

総務省は、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)」を公表した。クラウドサービスを取り巻く環境の変化を考慮したことに加え、国際規格などに記載されているセキュリティ対策との整合性を取ったという。

()

テレワークの普及でオフィス内外に従業員が分散する今、デバイス保護やクラウドサービスへのアクセス制御、アクセス集中時のVPN利用など、セキュリティやネットワークの課題が噴出している。これらを一掃する、注目のアプローチとは?

()

2024年に迫る建設業の労働時間規制――。とくに、膨大なデータが年々蓄積されていく維持管理業務が紙の帳票に依存したままでは、作業員の負担は減るどころか増す一方になってしまう。現状では、点検履歴を探すのも一苦労で、帳票への入力ミスも起こりがち。報告書をデジタル化し、クラウドでの管理が可能となれば、作業員が現場から直行直帰できるのはもちろん、関係者間の情報共有も図れるなど、大幅な業務効率化を見込めるはずだ。設備メーカーや修繕会社などで採用が進む、点検業務をデジタル化する日立システムズの「点検サポートサービス」が、保守業務の現場でなぜ支持されているのか、その導入効果を明らかにする。

()

デジタル化の進展や働き方の変化でクラウドサービスが普及する一方「まだ多くのIT資産はオンプレミスにある」との独自調査を基に、IIJが新たな取り組みを始めた。脱オンプレの課題を解消しつつ「マルチクラウド」のニーズを意識したという内容から見えてくる、クラウド市場の今後とは。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る