連載
» 2011年06月24日 08時00分 公開

ノルウェー建国記念日に第2の都市「ベルゲン」を歩く山形豪のノルウェー紀行(3/3 ページ)

[山形豪,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

ベルゲンを俯瞰できるフロイエン山とケーブルカー

 ベルゲンは別名「7つの山の街」とも呼ばれ、港を山々が取り囲んでいる。そのうちの1つ、街の北東側にあるフロイエン(Floyen)山は、ベルゲンで最も人気のある観光スポットだ。

 フロイバーネン(Floibanen)と呼ばれるケーブルカーが山頂まで延びており、展望台からはベルゲンを一望できる。

山形豪 ベルゲンにあるフロイバーネンの駅
山形豪山形豪 (左)フロイバーネンのチケットカウンター(右)車両は近年導入されたスイス製のものだ

 頂上にはレストランや土産物店もあるので一息つくのにも良いし、ケーブルカーは夜遅くまで運行しているので、日がほとんど沈まない夏場でなければ美しい夜景も楽しめる。

 ブリッゲンの裏手にある駅から頂上までの所要時間は7分程度。料金は往復で70ノルウェークローネ(1クローネは約15円)と、割高な感じはするが、物価の高いノルウェーではむしろ普通かもしれない。

山形豪山形豪 (左)天井もガラス張りなので、車内は明るく開放的(右)車両は一両が赤、もう一両が青で塗装されている
山形豪 フロイエン山展望台から見下ろしたベルゲンの街
山形豪 ベルゲン港に停泊していたショルド級ステルス哨戒艇

 余談だが、ベルゲンはノルウェー最大の軍港でもある。フロイエンの展望台からは民間船のみならず、多数の軍用艦艇が見てとれたほか、ブリッゲンの波止場にはノルウェー海軍の最新鋭ショルド(Skjold)級ステルス哨戒艇も停泊していた。

 次回はベルゲンを離れ、フィヨルド地域の大自然を紹介する予定なので乞うご期待。


著者プロフィール

山形豪(やまがた ごう) 1974年、群馬県生まれ。少年時代を中米グアテマラ、西アフリカのブルキナファソ、トーゴで過ごす。国際基督教大学高校を卒業後、東アフリカのタンザニアに渡り自然写真を撮り始める。イギリス、イーストアングリア大学開発学部卒業。帰国後、フリーの写真家となる。以来、南部アフリカやインドで野生動物、風景、人物など多彩な被写体を追い続けながら、サファリツアーの撮影ガイドとしても活動している。オフィシャルサイトはGoYamagata.comこちら

【お知らせ】山形氏の新著として、地球の歩き方GemStoneシリーズから「南アフリカ自然紀行・野生動物とサファリの魅力」と題したガイドブックが出版されました。南アフリカの自然を紹介する、写真中心のビジュアルガイドです(ダイヤモンド社刊)


関連キーワード

北欧 | 遺産 | 歴史 | 祭り | カメラ | 旅行 | 観光地


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -