ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カメラ」に関する情報が集まったページです。

中国本土以外での展開は未定:
薄型ハイスペックフォルダブルスマホ「Xiaomi MIX Fold 2」登場 ライカレンズ搭載で約17.8万円から
Xiaomi(シャオミ)が、中国本土でフォルダブルスマートフォンの第2世代を発売する。ドイツのLeica(ライカ)の監修を受けた高画質カメラを搭載しつつ、従来モデルよりも薄型化を果たしたことが特徴だ。ただし、中国本土以外での展開は未定となっている。(2022/8/12)

モトローラ、新型の折りたたみスマホ「moto razr 2022」を中国で発表 Snapdragon 8+ Gen 1搭載
モトローラ・モビリティが、中国で折りたたみスマートフォン「moto razr 2022」を8月16日に発売する。開くと6.7型メインディスプレイを、閉じると2.7型サブディスプレイを利用できる。アウトカメラは、光学式手ブレ補正対応の5000万画素の広角カメラと、121度の画角で撮影できる超広角カメラを搭載する。(2022/8/12)

製造ITニュース:
1台で臨場感あふれるオンライン会議実現、パナソニックが360度カメラスピーカーフォン発表
パナソニック コネクトは2022年7月26日に東京都内で記者会見を開き、360度カメラスピーカーフォン「PressIT360」を発表した。同年8月1日からオープン価格で販売する。(2022/8/12)

現場管理:
360度画像の「RICOH360」がスパイダープラスと協業、AI画像補正やBIM連携の機能強化
リコーは、360度カメラ「RICOH THETA」を中心とするプラットフォーム「RICOH360」と、現場管理アプリ「SPIDERPLUSS」とのさらなる機能強化を図る。(2022/8/11)

開発陣に聞く:
シャープに聞く「AQUOS R7」の進化点 1型センサーのカメラとIGZOディスプレイは何が変わったのか
2022年夏商戦向けのスマートフォンのなかでも高価な「AQUOS R7」。1型のCMOSイメージセンサーを搭載し、ライカ(Leica)が画質監修をした。そんなAQUOS R7のカメラ、ディスプレイには、いったいどんな技術や機能が詰め込まれているのか、シャープでAQUOS R7の企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/8/12)

トランスフォーマーとキヤノンのカメラがコラボ 「EOS R5」がオプティマスプライムにトランスフォーム!
原作でもカメラに変形・合体するキャラクター、「リフレクター」バージョンもあります。(2022/8/10)

コンパクトな縦折りスマホ「Galaxy Z Flip4」登場 プロセッサとバッテリーをパワーアップ 一部地域で8月26日発売
Samsung Electronics(サムスン電子)が、比較的コンパクトなフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip」の第4世代モデルを発表した。外観は第3世代とほとんど変わらないが、プロセッサやバッテリー、広角カメラをパワーアップして使い勝手を改善している。一部の国/地域では75通りの外観を選択して購入できるサービスも提供する。(2022/8/10)

キヤノン「EOS R5」がトランスフォーマーと合体 「オプティマスプライム R5」発売
タカラトミーは10日、キヤノンのミラーレスカメラ「EOS R5」がトランスフォーマーの「オプティマスプライム」に変形する玩具を発表した。8月10日から公式ECサイト「タカラトミーモール」で予約を受け付ける。(2022/8/10)

人物を追いかけて撮影してくれる「AI自動追跡ライブカメラ」
Aicocoは、人物の移動に合わせてカメラが左右180度、上下42度の範囲で追従する「AI自動追跡ライブカメラ」を8月上旬に発売する。(2022/8/10)

人工知能ニュース:
セーフィーがエッジAI搭載カメラを発表、現場の数値化で勘から脱却
セーフィーは2022年8月4日、東京都内及びオンラインで新製品発表会見を開き、エッジAI(人工知能)を搭載したネットワークカメラ「Safie One(セーフィーワン)」を同年9月28日より発売すると発表した。(2022/8/8)

デジタルカメラをも駆逐 スマホのカメラが大幅な進化を遂げた理由
今回はスマホに搭載されるカメラの進化についてまとめてみる。多眼化した機種が普及し始めた2017年から進化が始まり、2022年ではイメージセンサーの大型化や画素数の増加など、めざましい進化を遂げている。(2022/8/8)

ポイントは「高画質」「リア/車内カメラ付き」「扱いやすさ」 最新ドライブレコーダーカタログ2022年夏版
備えあれば…な必需品。でも、どれがよさそうかワカンネー……という人はぜひ!(2022/8/6)

スマホカメラを数式にかざすと解き方と解答が分かる Googleレンズの「宿題」機能に賛否、宿題の意義をあらためて問う
「単純計算は機械に任せて人間は論理を考えればいい」「自分で解かないと考える力を養えない」など、さまざまな意見が出ています。(2022/8/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「AQUOS R7」のカメラは「これぞシャープ」といえる仕上がり センサー刷新でR6とは別物に
シャープのフラグシップスマホにして「ほぼデジカメ」と思われたりする「AQUOS R7」。同じ1型センサーを搭載するが、R7は「スマホ用センサー」という点で違う。AFやAIなどの性能も進化している。(2022/8/5)

ライカとコラボした「Xiaomi 12S Ultra」を試す 驚きのカメラ性能、思い出した“あのメーカー”
ライカ監修の1型センサーのカメラを搭載した「Xiaomi 12S Ultra」を入手した。最上位モデルにあたるXiaomi 12S Ultraは、超広角レンズと光学5倍望遠レンズを備える3眼構成だ。撮影してみるとダイナミックレンジの広さに驚かされる。(2022/8/4)

「母子同室がスタートして気が狂いそうだった深夜に、息子が微笑んでピースしてくれたのは一生忘れない」 カメラが捉えた幸せの瞬間に47万いいねの反響
小さな指で、かわいくピース。(2022/8/3)

日清紡マイクロデバイス NJL5821R、NJL5822R:
デジタル2相出力の光学式反射型エンコーダー
日清紡マイクロデバイスは、デジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダー「NJL5821R」「NJL5822R」の量産を開始した。産業機器やカメラなどの操作ダイヤルやモーターの回転検出、位置検出に適する。(2022/8/3)

Insta360の新製品はWebカメラ 3軸ジンバル搭載の「Insta360 Link」を試す
数々の360度カメラやアクションカメラを発売しているInsta360がWebカメラを発売する。どのような使い勝手なのか、実際に試してみた。(2022/8/2)

真野恵里菜、夫・柴崎岳カメラマンへ向けた“キュート笑顔”にファン胸キュン 「可愛すぎて反則」「岳カメラ最高」
柴崎選手にしか撮れない表情。(2022/8/2)

エレコム、リモート監視などにも適したウェアラブル対応の小型Webカメラ
エレコムは、付属アタッチメントによりウェアラブル利用などにも対応した小型Webカメラ「UCAM-CW50ABWH」を発売する。(2022/8/2)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ニコンの動画カメラ「Z 30」の実力は? ミラーレス一眼としても高性能
APS-Cセンサー機に注目の2022年、ニコンからも来たのである。Zシリーズの最廉価モデル「Z 30」だ。Vlog撮影に注力したモデルだが、スナップ撮影用としてもすごく使いやすい。(2022/7/31)

Androidスマホのカメラを即座に起動する3つの方法
Android端末でも、iPhoneシリーズのようにカメラを素早く起動する方法がいくつかある。電源キーを使ったり、一部の対応端末ではロック画面や指紋センサーを使ってカメラを起動でき、素早い撮影に一役買ってくれる。(2022/7/31)

iPhoneのカメラを即座に起動する4つの方法
iPhoneで、カメラをすぐに起動したい。そんなときは「コントロールセンター」やロック画面からでもすぐにカメラを起動する方法を覚えておこう。(2022/7/30)

ウェアラブルニュース:
リアルタイムで映像や音声を共有できる、製造業や建設業向けボディーカメラ
アイフォーカスは、製造業や建設業向けのボディーカメラ「AAASBodyCamera」を発売した。作業者の衣服に取り付けることで、リアルタイムで映像や音声を共有できるため、業務効率や生産性、安全性の向上に寄与する。(2022/7/29)

「Pixel 6a」と「iPhone SE(第3世代)」を徹底比較 コスパに優れているのはどちら?
Googleから5万円台で発売される「Google Pixel 6a」。最大の注目点はミドルクラスAndroidの価格帯ながら6.1型の画面と大容量バッテリー、高画質カメラを搭載している点だ。同じ低価格帯の「iPhone SE(第3世代)」と比較してみよう。(2022/7/31)

飼い主さんが留守中、修理業者と愛犬が…… 防犯カメラがとらえたダンス&綱引きして遊ぶ姿にほっこり【米】
楽しそうに遊ぶふたりです。(2022/7/29)

小型フラグシップ「Zenfone 9」発表、片手操作がはかどるUIやジンバル内蔵カメラを搭載 約11万円〜
ASUSが7月28日、フラグシップスマートフォンの新モデル「Zenfone 9」をグローバルで発表した。幅68.1mmのコンパクトなボディーに5.9型ディスプレイを搭載。側面の電源キー一体型の指紋センサーは、ショートカットキーとしても活用できる。(2022/7/28)

Innovative Tech:
動画が撮れるインスタントカメラ、1秒程度の映像をその場で印刷 米MITが開発
米MIT(Massachusetts Institute of Technology)の研究チームは、動画が撮れるインスタントカメラを開発した。撮影した動画(数枚のフレームが写った1枚の画像)をその場で印刷し、縞模様のシートを重ねて移動させる方法で記録した1秒程度の動きを生成する。(2022/7/27)

Innovative Tech:
“顔認識されない”使い捨てマスク AIがオーダーメイドで柄を作成
イスラエルのBen-Gurion University of the NegevとイスラエルのTel Aviv Universityによる研究チームは、カメラで捉えた顔を認識するシステムにおいて、検出されないようにする特殊なマスクを開発した。(2022/7/27)

過去最高の予約:
カメラ市場は縮小しているのに、なぜソニーの「VLOGCAM」は人気なのか
カメラ市場が縮小している中で、ソニーの「レンズ交換式VLOGCAM ZV-E10」が注目を集めている。同社のミラーレス一眼カメラ史上、過去最高の予約数(発売当時)をたたき出しているが、なぜ人気を集めているのか。同社のマーケティング担当者に話を聞いた。(2022/7/27)

キヤノン、「クラウドRAW現像」提供 カメラから直接アップロード ディープラーニングで高画質現像
キヤノンのクラウドフォトサービス「image.canon」で、「クラウドRAW現像」が利用できるようになる。image.canonへの直接アップロードに対応したカメラから写真を転送し、カメラ内現像と同じ操作でクラウド上のRAWデータを現像できる。(2022/7/26)

安全システム:
トヨタが車載カメラをドラレコ化、後付けのドライブレコーダーが不要に
トヨタ自動車は2022年7月25日、コンパクトカー「ヤリス」を一部改良し、ドライブレコーダー付き自動防眩インナーミラーを設定すると発表した。全グレードにオプション設定となる。(2022/7/26)

猫ちゃんが両前足を合わせて「おねがいおねがい!」 カメラ目線の表情とおねだりポーズがかわいすぎる 【ベトナム】
かわいいおねだりです。(2022/7/25)

スマホのカメラで“空気の流れ”が見えるアプリ、エンジニアが開発 国内外から注目が集まる
冷たい空気が下降する様子も見える。(2022/7/24)

Google“5万円台スマホ”の実力とは 「Pixel 6a」と「Pixel 6」でカメラ対決
これまで「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」などのハイエンドスマホにのみ搭載されていた、Google独自のTensorプロセッサを、より手頃に体感できるスマホが登場した。それが7月21日から予約を開始した「Pixel 6a」だ。どの程度実用できるのか、Pixel 6との比較を中心にお届けする(2022/7/22)

FAニュース:
I/F変換ユニットを分離、ニコン初の超小型マシンビジョンカメラ
ニコンは、同社初となる超小型マシンビジョンカメラ「LuFact」を発表した。画像処理用のI/F変換ユニットを分離したことで、カメラヘッドが超小型化し、既存装置への設置自由度が向上した。生産ラインに与える熱影響も低減する。(2022/7/22)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Redmi Note 11 Pro 5G」の1億800万画素カメラで驚いたところ、不満だったところ
「Redmi Note 11 Pro 5G」は、「Redmi note 11」とは当然さまざまなスペックが違う。特にカメラが1億800万画素のメインカメラを持ち、AIで補完すればきれいな絵が撮れるのだ。(2022/7/22)

PR:これはスマホか、カメラか 「AQUOS R7」で一段上のレベルに足を踏み入れよう
プレミアムクラスのシャープ製スマートフォン「AQUOS R7」が、NTTドコモとソフトバンクから発売された。最大の特徴は、ライカカメラ社が監修した1型センサー搭載カメラ。高速オートフォーカスと、解像感と高感度を両立した約4720万画素の新型センサーにより、快適かつより多くの光を捉えた高画質撮影を楽しめる。(2022/7/21)

ソニーがセキュリティ向けに発表:
2種類の画像を異なるフレームレートで同時出力するCIS
ソニーセミコンダクタソリューションズは2022年7月20日、セキュリティカメラ用の1/3型有効約512万画素のCMOSイメージセンサー(CIS)「IMX675」を発表した。(2022/7/20)

Xiaomiのライカスマホ「Xiaomi 12S Ultra」に触れる グリーンもカッコいい
「Xiaomi 12S」シリーズは、ライカとコラボしたカメラを搭載したスマートフォンとして世界中から大きな注目を集めています。このXiaomi 12S Ultraは2色のバリエーションがあり、まるでカメラのように見える外観のブラックが人気になっています。しかしもう1色のグリーンカラーも鮮やかな色合いが新鮮な印象です。(2022/7/20)

壁や卓上に簡易固定できるMagSafe対応ワイヤレス充電器 エレコムから
エレコムは、マグネットでiPhoneの背面に取り付けられるMagSafe対応ワイヤレス充電器を発売。背面カメラに干渉しないコンパクトデザインで、簡易スタンドとしても利用できる。付属のネジや両面テープで壁や卓上にも固定可能だ。(2022/7/19)

「Windows メディア プレーヤー」と「Windows カメラ」アプリがアップデート CDリッピングに対応
MicrosoftがWindows 11用アプリをバージョンアップし、「Windows メディプレーヤー」と「Windows カメラ」の機能が強化された。DevチャネルのInsider向けで展開中だ。(2022/7/15)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
気がついたらデジカメの超高感度が“使える”時代になっていた──ISO今昔物語
デジタルカメラはフィルムカメラ時代の常識をいろいろと覆してくれたのだけど、大きなものの1つが「1枚ずつISO感度を変えられること」だった。どんどん技術は進んで今はすごいことになっているのだ。(2022/7/15)

暗がりでもきれいに撮影できる全天球カメラ「Insta360 ONE RS 1インチ360度版」が登場  動画と写真で実力をチェックした
「さすが大型センサー」──Insta360 ONE RSに1インチセンサーを搭載した360度レンズが登場。従来の360度レンズとの画質差をチェックする。(2022/7/15)

キングジム、自由に位置を調整できるアームを備えたUSBカメラ
キングジムは、自由な位置調整が可能なアームを搭載したUSB外付け型Webカメラ「SUC10」を発売する。(2022/7/14)

360度カメラを水中で静止 リコー、浮力調整器「STAYTHEE」発売
360度カメラを水中で制止させられる浮力調整器「STAYTHEE」(ステイシー)をリコーが開発した。まずTHEATA向けに発売するが、他のカメラに対応した製品のラインアップも予定している。(2022/7/13)

減収減益のビックカメラ、”エアコン買い替え祭”の効果は?
ビックカメラは7月12日、2022年8月期第3四半期の連結決算を発表した。第3四半期までの累計(21年9月〜22年5月)で、売上高は5965億円(前年同期比6.3%減)、営業利益は152億円(同5.6%減)、経常利益は170億円(同7.2%減)だった。通期計画の経常利益198億円に対し、進捗率は86.4%。(2022/7/13)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラが高評価「HONOR Magic4」の下位モデル「HONOR Magic4 Lite 5G」をドイツで触ってきた
スマートフォンのカメラ性能の指標「DXOMark」で、2022年6月末時点で最高ポイントを記録したHonor「HONOR Magic4 Ultimate」。Huaweiから独立して1年ちょっとでこのようなモデルを出すのは驚きだ。このHonorが発表したエントリーモデル「HONOR Magic4 Lite 5G」を見てみよう。(2022/7/13)

ニコンが一眼レフ開発撤退と日経報道 ニコン「憶測によるもの」とコメント
ニコンが一眼レフカメラ開発から撤退すると日本経済新聞が7月12日に報じた。ニコンは、この報道に対して「憶測によるもので、当社が発表したものではありません」とコメントしている。(2022/7/12)

新・こんな時代のヒット力 スマホカメラの”不満”を刺激 ソニー「VLOGCAM シリーズ」
Vlog用の動画撮影に最適化したデジタルカメラ「VLOGCAM シリーズ」が大ヒットしている。従来のカメラとは異なる操作性、独自機能も満載。モフモフのついた外観とともに、一眼カメラとして極めて異質なモデルの、ヒットの秘訣を探る。(2022/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。