スマホでブレの少ない写真を撮りたいなら持ってて損なし! 「CP+2024」で展示されていた便利アイテムをチェック(1/2 ページ)

» 2024年04月16日 12時45分 公開
[荻窪圭ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2月22日から26日までの5日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)でカメラと写真の展覧会「CP+2024」が開催された。CPは「カメラ&フォト」の略で、日本で一番大きなカメラ/写真関係のイベント。カメラ本体のメーカーを始めとして、カメラや撮影に関わる会社が一堂に介するのだ。

 カメラのイベントなので、スマートフォンは直接関係ないけれども、よく見るとスマホ用の撮影グッズも多数見つかるのである。どの写真用品メーカーも、カメラとしてのスマートフォンを無視できないからね。

 少し間が空いちゃったけど、そんなイベントから面白そうなスマホ用アイテムをピックアップしてみよう。

カメラッコ CP+2024の入口を飾る公式キャラクター「カメラッコ」
にぎわっていた CP+2024はこんなに大勢の来場者でにぎわってたのだった

カメラとスマホ兼用の三脚が超便利!

 スマホを装着できる三脚って、昔から当たり前のようにあったのだけど、たいていは「スマホ専用三脚」か「カメラ用三脚にスマホ用アダプター」という構成だった。

 でも、写真用品ブランドが作ると、アダプターなしで両方使える兼用三脚になるのである。カメラもスマホも使う人はこういう製品を狙いたい。

浅沼商会 カメラ用品メーカーのブースに行ってみると、面白いアイテムが転がっているのだ。これは各種ブランドの用品を扱う浅沼商会のブース

 まずは、浅沼商会が扱っているKingの「TH-5L」から。3月15日に発売されたばかりの新製品だ。

 これ、パッと見は足の長さを変えられるテーブル三脚。

TH-5L Kingの新製品「TH-5L」は、パッと見では足をちょっと伸ばせるテーブル三脚(ミニ三脚)のように思えるのだが……

 本当に見た目はカメラ用三脚にしか見えないのだけど、カメラを取りつけるところ(「雲台」という)がちょっと違う。なんと変形するのだ。

雲台を良く見て! 一見、普通にカメラを取りつけるための雲台だけども……
変形しちゃった! 90度起こして変形させると、スマホも装着できる

 これは便利。足を閉じれば、そこを握ってスマホで動画録るときも便利に使えるし、カメラを付ければ普通にミニ三脚としても使えるし、何よりアダプターいらずなのがいい

 別のバリエーションもあった。同じくKingの「スマホホルダー内蔵三脚 YT-132H」。

 こっちはカメラ用のネジが下に引っ込んで、そのままスマホを挟めるデザインになっている。

YT-132H YT-132Hは雲台のネジを引っ込めて、左右のステーを立てるとスマホホルダーになる。カメラとスマホ兼用の雲台にも種類がいくつかあるのだ

 日本の老舗三脚ブランドの1つ「SLIK(スリック)」は、古くからこのタイプの三脚を手がけている。最新モデルはデザインを一新している。

 「マルチポッドR II」は一見、普通の雲台だけど、カシャッと90度立ち上げるとスマホホルダーに変身するのだ。

マルチポッドR II SLIKのスマートフォン兼用雲台「マルチポッドR II」は一見すると、普通のカメラ用雲台に見える
直角に立てる 雲台ごと直角に立ててやると……
スマホ スマホをキチッと収められるホルダーに変身。上部にはアクセサリシューもついており、ライトなども付けられる

 他にも面白製品はたくさんある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年