ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「観光地」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「観光地」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スピン経済の歩き方:
観光業で働く人のためにも「GWは廃止すべき」 こう提言しても、何も変わらなかった理由
大型連休に入り、観光地を中心に各地で混雑が起きている。筆者は約10年前からゴールデンウィークは廃止すべきと提言しているが、なぜかというと……。(2024/5/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京湾アクアライン」6車線にすれば“渋滞”は解消するのか 課題は他にある
東京湾アクアラインは、海上の海ほたるPAの人気や千葉県側の観光スポットの充実もあり、週末は深刻な渋滞が発生している。6車線化などの設備改良に加え、ドライバーへの渋滞対策の周知など、多角的な対策が必要だ。(2024/4/19)

生ガキ5個4000円、1泊10万円超 高額な「インバウンド価格」続々
新型コロナウイルス禍の際に打撃を受けた国内観光地で飲食などの価格が高騰している。(2024/3/10)

関東の私鉄沿線格差:
「人気の観光地」が多い路線はどこ?
東京圏の鉄道は、通勤利用が多いものの、休日には観光地への行楽輸送のために利用されることも多い。(2024/2/15)

外国人に人気の寺院 「金閣寺」「清水寺」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovは、観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング寺院編」を発表した。1位は東京都の「浅草寺」だった。(2024/2/8)

タイムアウト東京のオススメ:
東京が世界一に、トリップアドバイザーが2024年の「ベスト観光地」を発表
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/30)

外国人に人気がある首都圏の観光地 「東京スカイツリー」を抑えた1位は?
調査は訪日ラボが独自に選出した首都圏エリア4県の観光名所400カ所を対象に、口コミ総数7645件を分析した。(2024/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

「北陸応援割」に疑問の声 被害小さい石川以外の3県に観光客流れる可能性
政府が25日公表した能登半島地震で被害を受けた観光地の需要喚起を図る支援策「北陸応援割」について、実施タイミングや経済効果を疑問視する声が上がっている。(2024/1/26)

外国人に人気の北関東の観光地 3位「草津温泉」、2位「華厳滝」、1位は?
movは観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング北関東編」を発表。外国人に人気の北関東のスポット1位は栃木県の「神橋(しんきょう)」(110ポイント)となった。(2024/1/21)

北海道のオススメ観光地、「インスタ向け」と「X向け」ではどう違う? 的確すぎる比較に反響「ほんこれww」
どっちもいいね!(2024/1/21)

関西のインバウンド人気観光地 1位は「清水寺」、2位以下は?
「インバウンド人気観光地ランキング<関西編>」の調査から、インバウンドに人気な関西エリアの観光地1位は「清水寺」だと分かった。トップ3を京都市が占める結果となったが、2位以下は?(2024/1/20)

外国人に人気が高い東北の観光地 「中尊寺」「銀山温泉」を抑えた1位は?
東北地方でインバウンド観光客に人気の観光地はどこか。口コミを基に調査したランキング結果が発表された。(2024/1/13)

名古屋で人気の観光スポット 3位「大須商店街・大須観音」、2位「名古屋港水族館」、1位は?
名古屋で人気が高い観光スポットはどこか。AlbaLinkが調査結果を発表した。(2024/1/10)

インバウンドに人気の観光地 3位「京都侍忍者ミュージアム」、2位「清水寺」、1位は?
インバウンド観光客から評価が高い観光地はどこか。movがGoogleマップの口コミを基に調査した結果を発表した。(2024/1/3)

外国人に人気の中国・四国の観光地 「原爆ドーム」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovは、観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング中国・四国編」を発表した。(2024/1/6)

千葉県で人気の観光スポット 3位「マザー牧場」、2位「鴨川シーワールド」、1位は?
千葉県で人気が高い観光スポットはどこか。「今後行ってみたい」と思う人が多い場所とともに、調査結果が明らかになった。(2023/12/24)

修学旅行で清水寺に行ったら……? まさかの姿に「思ってたんと違う」 観光地の“しょんぼり体験”に共感続出
逆に貴重かも……?(2023/12/17)

外国人に人気の九州・沖縄の観光地 「美ら海水族館」を抑えた1位は?
movは、観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング九州・沖縄編」を発表。1位は福岡県の「キャナルシティ博多」だった。(2023/12/14)

座れないけど「すわっていいよ」 観光地で見つけた謎の標語に「そういうことか!」と納得の声
どう座れと……?(2023/12/9)

大阪の人気観光スポット 3位「新世界・通天閣」、2位「ミナミエリア」、1位は?
大阪府の人気の観光スポットはどこか。AlbaLink(東京都江東区)が調査を実施した。(2023/11/19)

神奈川県人気スポット 3位「鎌倉」、2位「横浜中華街」、1位は?
神奈川県の人気の観光スポットはどこか。全国の男女に聞いたところ……。(2023/11/15)

都内の好きな観光スポット 3位「東京タワー」、2位「東京スカイツリー」、1位は?
東京都の人気観光スポットはどこだろうか。全国の男女501人に「好きな観光スポット」を聞いた。(2023/10/19)

西日暮里駅前の再開発、東急不動産が参加 竣工は30年度予定
東急不動産が、西日暮里駅前地区の再開発事業の参加組合員予定者に決まった。利便性が高く魅力的な観光地もある西日暮里駅前で、新旧が融合した街づくりを行い地域の活性化を狙う。(2023/10/18)

PR:週末はオランダから中国、それからハワイへ!? 世界各国を旅するような「長崎県」の観光地巡り動画がステキ
行ってみたい場所ばかり!(2023/11/20)

口コミ評価:
外国人に人気な栃木の観光地 「日光東照宮」おさえた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovは、観光名所に寄せられた口コミデータから、「インバウンド人気観光地ランキング栃木編」を発表した。(2023/9/27)

人口400人:
“限界集落”をグランピングで町おこし 売り上げが20倍超になった納得理由
岡山県津山市・阿波地区。人口400人ほどで、高齢化も進む地域に21年、グランピング施設がオープンした。一体なぜ、観光地でもないエリアにオープンしたのか。背景には、自治体ならではの課題があった。(2023/9/25)

沖縄スタートアップ、ちばりよー!:
沖縄観光に「ヘリコプターバス」 交通インフラ問題を打開する”新しい足”なるか
日本の観光地として人気の高い沖縄が抱えているのが「交通インフラ問題」だ。日常的な交通渋滞に、公共交通手段が限られていることも大きい。その課題を解消し、沖縄観光の「新しい足」を目指す企業がある。彼らが運営する「ヘリコプターバス」の可能性を取材した。(2023/8/17)

経済の「雑学」:
インバウンド需要復活 空港や観光地のローソンでどんな商品が爆売れしているのか?
インバウンド需要が本格的に復活している。では、コンビニではどんな商品が売れているのか。ローソンが開示した情報から見えてきたものとは?(2023/8/13)

かつての“メルヘン廃墟”がカフェに変貌 バブル観光地・清里の「ミルクポット」はなぜ復活したのか
「高原の原宿」のランドマークが再スタートを切りました。(2023/8/11)

『じゃらん』調べ:
満足度が高い「観光地」ランキング 関東・関西の1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』は、人気観光地の満足度ランキングを発表。満足度が高い関東の観光地1位は……。(2023/6/27)

中1息子から母にLINEが届いて…… “観光地あるある”なメッセージに「誰しもが通る道」「すっごく分かります」
つい買いたくなる気持ち、わかる……!(2023/6/5)

多様性の高い街:
高円寺はなぜ、吉祥寺に勝てないのか 街とジェンダーの“なるほど”な関係
「個性的な店が減った」「観光地化している」とあれこれ言われながらも長らく人気の街、吉祥寺。中央線沿線にはより都心に近い駅もあるが、それでも吉祥寺は頭1つ抜けている。その理由をジェンダー的観点から解説しよう。(2023/5/26)

世界5カ国で調査:
夏の人気観光地はどこか 海外は「ホノルル」、国内は?
旅行プラットフォームを運営しているトリップアドバイザーは、「2023年夏の旅行動向」を発表した。旅行者に計画している旅先を聞いたところ、海外観光地の1位は……。(2023/5/16)

「ラストエンペラー」のメガネがご当地アイスに!? 中国の観光地で発見されたまさかの商品
しかも公式。(2023/5/5)

一人当たりの予算は:
観光で行きたい海外の国や地域 2位「台湾」、1位は?
観光地でどの国や地域に行きたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いたところ……。(2023/4/25)

知名度が高い台湾の観光スポット 3位「九フン」、2位「国立故宮博物院」、1位は?
阪急交通社は全国の500人以上の男女を対象に「台湾にある観光スポットの知名度についてのアンケート調査」を実施した。(2023/2/28)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ばくちはしない、「5つの顔」持つ希代の経営者の歩みを知る
大阪で人気の観光スポットの1つのようです。(2023/2/21)

佐賀県×名作ゲームの「佐賀ゲー」プロジェクト始動 「パックマン」「ゼビウス」などの世界に佐賀の観光スポットや特産品が登場
コラボゲーム「パックマン佐賀県ver.」は2月20日から公開。(2023/2/13)

「酒呑童子」「鬼」 大江山の伝説にちなんだタクシー「鬼タク」登場 地元駅から観光地を格安で結ぶ
地元の駅から観光地まで、片道800円。(2023/2/10)

「トリップアドバイザー」利用者が選ぶ世界の人気観光地 3位「ロンドン」、2位「バリ島」、1位は?
米TripAdvisorが運営する旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は、「2023 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」を発表した。(2023/1/31)

中国の「海外旅行マネー」の行きつく先は:
春節始まるも、中国人観光客が「日本」ではなく「タイ」に流れるやむを得ない事情
1月21日から春節に合わせた大型連休が始まった。しかし日本の観光地では中国人観光客の姿はあまり戻っていない。一方タイでは多くの中国人旅行客が訪れている。それはなぜか。(2023/1/23)

男女2500人に聞いた:
6割が全国旅行支援「利用したい」 行きたい観光地、沖縄・京都を抑えた1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、コロナ禍が消費者に与える影響を調査した。全体の6割が「全国旅行支援」の利用意向があり、観光地の人気は「北海道」が最も高い結果となった。(2023/1/19)

600人にアンケート:
タイの人が訪れたい日本の観光地 3位「ディズニーランド」、2位「北海道」、1位は?
インタセクト・コミュニケーションズ(東京都千代田区)は、タイで「日本旅行に関するアンケート調査」を実施した。行ってみたい日本の観光地1位は「富士山」だった。(2022/12/16)

タイムアウト東京のオススメ:
2023年に訪れるべきではない観光地とは?
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/11/22)

ニンジャ、マイコからのサプライズ動画、届けます ベンチャー企業が円安逆手に英語圏へ販売 武将や“なまはげ”も
忍者や舞妓、武将などの仮装をした人たちからメッセージ動画をもらえるサービスがスタート。「急激な円安を背景に、日本各地の観光地への経済貢献を行いながら、インバウンドニーズにも応える」という。(2022/11/2)

中国人が選ぶ、行ってみたい日本の観光地 3位「東京」、2位「北海道」、1位は?
インタセクト・コミュニケーションズ(東京都千代田区)は、中国本土において「日本旅行に関するアンケート調査」を実施した。(2022/10/31)

「全国旅行支援」で観光地の人流はコロナ禍前を超える水準に クロスロケーションズ調査
クロスロケーションズが人気観光スポット10地点の人流データを分析。各地でコロナ禍前の2019年より人流が増えたという。(2022/10/28)

10月26日から:
京都・嵐山にグッズショップ「嵐山りらっくまの湯」オープン
10月26日、京都の人気観光地「嵐山」に「リラックマ×温泉」をテーマにしたグッズショップ「おみやげどころ 嵐山 りらっくまの湯」がオープンする。(2022/10/5)

モビリティサービス:
観光地のレンタカーに安全運転促進、速度超過や急発進など半減
トヨタモビリティ基金は2022年10月4日、沖縄県で実施したレンタカー利用者向け安全運転支援の実証実験によって、交通事故削減につながる行動変化を確認できたと発表した。(2022/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。