ニュース
» 2011年09月26日 19時04分 公開

ホンダ、中型二輪車用の低燃費新型エンジンを開発

本田技研工業は9月26日、700ccの二輪車用新型エンジンと第2世代のデュアルクラッチトランスミッションを開発した。11月のミラノショーに出展する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 本田技研工業は9月26日、700ccの二輪車用新型エンジンと第2世代のデュアルクラッチトランスミッションを開発した。11月に開催されるEICMA2011(ミラノショー)にタイプの異なる3つのコンセプトモデルを出展する。

ホンダ デュアルクラッチモデル
ホンダ 6速MTモデル

 新型エンジンは、水冷4ストロークの700cc直列2気筒エンジンで、欧州地域で広く支持されているミドルクラスに適合する。燃費はリッター27キロ以上となり、同クラスのスポーツモデルと比較すると40%以上の向上を実現する。

 開発テーマとして、常用域ではトルクフルで扱いやすく、スポーティな走行では心地よい鼓動感を体感できる特性、低燃費で優れた環境性能、車体レイアウトの自由度に貢献する軽量でコンパクトな設計を掲げた。さまざまなエンジン形式を検証した結果、エンジンレイアウトは直列2気筒700ccでシリンダー前傾角62度に決定したという。

 また、このエンジンに組み合わせるためのトランスミッションとして、軽量コンパクトで、スムーズかつダイレクト感のある第2世代デュアルクラッチトランスミッションを新開発。6速MTと2タイプをラインアップする。

 デュアルクラッチトランスミッションは、VFR1200Fに搭載したものに比べて油圧回路のシンプル化などを行った。また、選択した各モードに学習機能を付加し、走行環境に最適な変速制御を自動的に行うという。

ホンダ ミラノショーに出展する「INTEGRA」

関連キーワード

本田技研工業 | エンジン | バイク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -