ニュース
» 2011年11月10日 20時57分 UPDATE

ホンダ、東京モーターショーで自動運転モードを備えるPHVコンセプトカー「AC-X」

ホンダは、東京モーターショー2011で次世代プラグインハイブリッドカー「AC-X」やスモールスポーツ EVのコンセプトカーを披露する。ドキドキワクワクする近未来のモビリティを描く。

[岡田大助,Business Media 誠]

 本田技研工業は11月10日、第42回東京モーターショー2011の出展内容を明らかにした。ブースコンセプトは「にんげんの気持ちいいってなんだろう」。未来のモビリティライフを提案する。

次世代プラグインハイブリッド「AC-X」

AC-X AC-X(画像をクリックすると拡大します)

 AC-Xは、市街地走行から長距離移動までを担う次世代プラグインハイブリッドカー。エンジン走行モードを選べば従来のホンダ車のようにアグレッシブな走りが楽しめ、自動運転モードを選べば移動をリラックスしてくつろぐ時間に変えられるというもの。

AC-XAC-X (画像をクリックすると拡大します)

 1.6リッターエンジンと高出力モーター(120キロワット)の組み合わせで、最大航続距離は1000キロ以上。EV走行の場合は、1充電当たり50キロの走行が可能で、最高速度は時速100キロ。

 フロントバンパーやリアディフューザーは可変式といい、走行速度にあわせて空気抵抗を低減する。ホイールも無回転のホイールディフューザーを採用し、風の巻き込みを抑えるという。ボディサイズは、4700×1820×1400ミリ(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2750ミリとなる。

AC-XAC-XAC-X (画像をクリックすると拡大します)

 外見同様に、近未来的なイメージを持つインテリアで注目なのはステアリング。ツインレバータイプを採用していて、自動運転モードではインストルメントパネルに格納される。また、リクライニングと連動してシート下部からオットマンが出現するという“くつろぎ”仕様。実現するのは先の話となりそうだが、東京モーターショーではホンダらしい“夢の力”を見させてくれそうだ。

AC-X
AC-XAC-X
AC-XAC-XAC-X (画像をクリックすると拡大します)

詳細が伏せられたスモールスポーツ EVコンセプト

 次世代EVスポーツカーのコンセプトカーも登場する予定だ。こちらについては3枚のデザインCGが公開されただけで、詳細は東京モーターショーまで伏せられている。

AC-X
AC-XAC-X スモールスポーツ EVコンセプト(画像をクリックすると拡大します)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間