ニュース
» 2012年02月29日 13時08分 UPDATE

スバル、軽自動車の生産54年の歴史に幕――最後の1台は軽商用車「サンバー」

富士重工業は2月29日、軽自動車の生産を終了した。群馬製作所本工場は、SUBARU BRZの生産拠点に生まれ変わる。

[岡田大助,Business Media 誠]

 富士重工業は2月29日、軽自動車の生産を終了した。生産拠点だった群馬製作所本工場は、3月以降SUBARU BRZ/TOYOTA 86の生産を開始する。また、2012年度中にインプレッサの生産も行う予定だ。

スバル (出典:富士重工業)
スバル (出典:富士重工業)

 スバル車の生産は、1958年に軽自動車「スバル 360」からスタート。その後、サンバー、レックス、プレオ、ステラなど9車種、約796万8000台を生産した。最後の生産車となったのは、軽商用車のサンバーだった。

 なお、スバルブランドの軽自動車はダイハツ工業からOEM供給を受けて販売する。

関連キーワード

富士重工業 | 自動車 | 軽自動車


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -