ニュース
» 2015年03月30日 16時00分 UPDATE

カシオ2015年春夏新作ウオッチ展示会:高機能ハイエンドのバリエーションが多彩に――最新G-SHOCK & OCEANUS (3/3)

[Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

アウトドアウオッチ「PRO TREK」に、より耐久性を高めた新モデル

 アウトドア派向けの腕時計として人気なのが「PRO TREK」シリーズ。登山やトレッキングに便利な機能を備えるモデルが多く、デジタル・アナログの両ラインアップをそろえ、男女両方のユーザーに支持されている。

 2月20日に発売されたソーラーウオッチ「PRW-3500」は、方位・気圧/高度・温度を計測できる「Triple Sensor Ver.3」を搭載し、かつ20気圧防水を初めて両立したモデルだ(シルバーが4万2000円、ブルー・オレンジが4万4000円)。ラフティングやシーカヤック、釣りなど、水上でも安心して利用できる。方位や高度などの計測は、本体横の大型ボタンをワンプッシュするだけで行えるため、グローブ着用時にも扱いやすく、また計測結果は大きな文字で液晶に表示されるので、屋外でも見やすい。このほか、急に気圧が変化するとアラーム音で知らせる「気圧傾向インフォメーションアラーム」、周囲の明暗を感知し、一定角度以上に腕を傾けるとLEDライトが自動点灯する「フルオートLEDライト」など、アウトドア向けの機能を備えている。

ay_css04.jpg PRO TREK「PRW-3500」。左からシルバー、ブルー、オレンジ

 「PRW-S3500-1JF」は、PRW-3500をベースに、より耐久性の高い素材を使用したモデル。バンドの樹脂部分などには、強く引っ張ってもきれにくいカーボンファイバーインサートバンドを採用して耐久性を向上。また、風防には傷のつきにくいサファイヤガラスを使用している。6月発売で、価格は5万6000円。

ay_css05.jpg PRW-3500をベースに、より耐久性の高いパーツを採用した新モデル「PRW-S3500-1JF」(左、5万6000円)。右は同様に、PRO TREKのデジアナコンビモデル「PRW-6000」をベースにした「PRW-S6000Y-1AJF」(7万2000円)

 Triple Sensor搭載のPRO TREKの中でも、見やすい大型液晶&薄型でヒットしているのが「PRW-3000」。華やかなカラーリングで女性のユーザーも多いという。PRW-3000から電波時計の機能を省いて低価格化したのが「PRG-300」だ。ブルー、ピンク、イエロー、ホワイトの4色展開で、イエローとホワイトは反転液晶を採用している。いずれも6月発売で、価格は2万6000円。

ay_css06.jpg 「PRG-300」

 カシオでは現在、大きく2つの方向性に注力して時計の新しい機能を開発している。一つはGPS+標準電波の両方を受信できるハイブリッド時刻取得機能で、本記事でも紹介したとおり、G-SHOCKとOCEANUSが中心。もう一つはBluetoothでスマートフォンに連携する腕時計というコンセプトで、こちらはEDIFICE(主にアナログ)とG-SHOCK(主にデジタル)の両ブランドで展開されている。

 今回の発表会では、残念ながら「スマートフォンに連携する腕時計」という方向性の新製品が見当たらなかった。しかしスマートフォンと腕時計の連携は、Apple Watchの登場もあって世界的にも注目度が上がっている分野である。このジャンルでのブレイクスルーと、これから登場するであろうカシオの新製品に期待したい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集