ニュース
» 2006年08月31日 17時09分 UPDATE

「あと何日」から「もう何日」へ――目標管理ツール「CountUpRSS」

締め切りではなく経過日数を通知するのが特徴の目標管理ツール「CountUpRSS」。「ゆるいプレッシャーを自分にかけたい人」向けだという。さっそく試してみた。

[鷹木創,ITmedia]

 「締め切りまであと○日だ」「納品まで時間がないぞ」などなど、社会人は常に時間との勝負だ。締め切りがあるからこそ、緊張感のあるいい仕事ができるケースもあるが、プレッシャーに押しつぶされそうになることも少なくない。

 最近、サービスをスタートした目標管理ツール「CountUpRSS」は、プロジェクトを入力すると入力してから何日経過したかを毎日RSSフィードで教えてくれる。「締め切りまであと何日」という通念をひっくり返した逆転の発想だ。

st_cu01.jpg 経過日数を知りたいプロジェクトの内容とメールアドレスを入力する
st_cu02.jpg 内容ごとにユニークなRSSを出力する仕組み。利用しているRSSリーダーに登録しよう
st_cu03.jpg 昨日登録したフィードをlivedoor Readerで購読した

 もちろん締め切りがカッチリ決まっている場合は、必ずしも有効ではないかもしれない。とはいえ、「いつかやりたいんだけど、今すぐ手がつけられない」なんていうプロジェクトの管理にはちょうどいいプレッシャーを与えてくれる。

 例えば、Biz.IDで紹介しているGTDでもすぐ実行する必要ない項目は「いつかやる/多分やる」リストに入れておく(6月27日の記事参照)。筆者の経験では、リストに入れたものの、そのまま忘れてしまったこともあった。そうなってしまうと、週イチのレビューでリストを見ていても頭に入ってこないこともある。

 そんな時にCountUpRSSを使えば、愛用のRSSリーダーを通じて教えてくれるので、忘れることもなくなる。プロジェクトがまったく進行していなくとも、「あと何日」という締め切りを知らせるわけでもないので、少しは気持ちも前向きになるというものだ。

 CountUpRSSでは、プロジェクト例に「部屋の大掃除をする」を挙げているが、このほかにも「ダイエットを始めた」など、すでに始まっているプロジェクトが何日経過したかのチェックにも使えそうだ。もちろん、ダイエットの場合はそれなりにプレッシャーになりそうだが。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ