コラム
» 2006年10月02日 14時17分 UPDATE

3分LifeHacking:ノートPCのケーブル着脱をまとめて行う

会議などでノートPCを持ち出す際、USB機器やLANケーブルをひとつずつ取り外す作業は実に面倒だ。今回は、こうした手間を軽減できる製品を紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 机上で使っているノートPCを会議などで持ち出す際、電源ケーブルはもちろん、マウス、LANケーブル、テンキーなどなど、すべての周辺機器やケーブルをいちいち取り外す作業は面倒だ。中には以前紹介したように、パームレストの熱対策で接続しているUSBキーボードを取り外さなくてはならない場合もあるだろう(8月29日の記事参照9月1日の記事参照)。

st_ca01.jpg ロジテック「LAN-TX/U1H2」。USBポート×2のほか、LANポートも備えるアダプタだ

 専用ドックのような気の利いたオプションが用意されていれば話は別だが、たいていは1つずつ手で外すハメになる。USBハブで束ねてしまう方法もあるが、これだとUSB機器だけに限られてしまう。電源ケーブルはともかく、USB機器やLANケーブルをまとめて着脱できれば、手間は大幅に軽減できるはずだ。

 今回は、こうした場合に便利な製品を2つ紹介しよう。1つはロジテックの「LAN-TX/U1H2」。この製品は、2ポートのUSBハブに加えてLANアダプタ機能を搭載しており、USBマウスやUSBキーボード、LANケーブルをまとめて着脱できる。ノートPCを持ち出す際は、つながっているUSBケーブル1本を抜くだけでOKなので、はずす手間が大幅に軽減する。ただしUSB 1.1なので、USBやLANで大容量データを転送する用途には向かない。

st_ca02.jpg 手のひらサイズで持ち運びも容易
st_ca03.jpg 2台のUSB機器とLANケーブルをまとめて取り外しできる

 もう1つはターガスの「ACP5001APZ」。これは汎用のドッキングステーションといった体裁の製品で、USB4ポートに加えてLANポート、VGA端子、さらに音声入出力端子まで装備している。USBマウス・USBキーボード・LANケーブルのほか、外付けディスプレイやスピーカーもまとめて着脱できるというわけだ。ただし価格は1万7000円を超える。本体重量も369gとやや重いので、これ自体を持ち運ぶ用途には適さない。

st_ca04.jpg ターガス「ACP5001APZ」。USBやLANはもちろん、外部ディスプレイやスピーカーも一括で取り付けておけるドッキングステーションだ

 それぞれ特色のある両製品だが、日中何度も会議のためにノートPCを持って席を外す方にとっては、ケーブル着脱の手間を軽減できる便利な製品である。自宅と会社でノートPCを持って往復している場合などにもお勧めしたい。

本日のレシピ(その1)
製品名 LAN-TX/U1H2
URL http://www.logitec.co.jp/products/lan/lantxu1h2.html
発売元 ロジテック
実売価格 3980円

本日のレシピ(その2)
製品名 ACP5001APZ
URL http://www.targus.com/JP/product_details.asp?sku=ACP5001APZ
発売元 ターガス
実売価格 17500円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ