ニュース
» 2006年11月28日 20時24分 公開

Remember The MilkのタスクがGoogleカレンダーに表示可能に

無料のタスク管理サービス「Remember The Milk」に登録したタスクをGoogleカレンダーから表示できるようになった。タスクの完了・延期・編集や新しいタスクも追加できる。

[吉田有子,ITmedia]

 無料のタスク管理サービス「Remember The Milk」に登録したタスクをGoogleカレンダーから表示・管理ができるようになったと、Remember The Milkのスタッフがブログで明らかにした。

 該当するブログエントリの最下部にあるGoogleカレンダーボタンをクリックすると、簡単にインポートできるので、早速試してみた。

ブログ内のボタンを押すだけで自分のRemember The Milk内にあるタスクをGoogleカレンダーにインポートできる
ボタンを押したあと、GoogleカレンダーにRemember The Milkのタスクを本当に追加するか確認する
Googleカレンダーへの追加が完了した。左側の「カレンダー」にRemember The Milkが追加されている。Googleカレンダー内にある、青い丸のマークをクリックするとタスクを表示する
青い丸のマークをクリックしてタスクを表示したところ。それぞれのタスクは、Remember The Milk内の個別タスクのページにリンクしている

 なお、Googleカレンダーへのインポートには他の方法もある。Googleカレンダーから「カレンダーの管理」−「カレンダーを追加」−「公開カレンダーのURL」を指定し、そこに以下のURLを指定する。

http://www.rememberthemilk.com/services/modules/googlecalendar/ics.rtm


 また、「Googleアプリ独自ドメイン向け」内のカレンダーにインポートしたい場合は、ブログのボタンをクリックする方法は使えないため、こちらの方法で登録する必要がある。

公開カレンダーのURLとしてRemember The Milk内のURLを指定する

 Googleカレンダー側で表示されるタスクは、デフォルトでは期限がカレンダーの日付までのものだが、設定を変更して期限の指定をしていないタスクをすべて表示することも可能。Googleカレンダーでタスクの完了・延期・編集ができるほか、リスト、期限、重要度などを指定して新しいタスクをRemember The Milkに反映することも可能だ。

Googleカレンダーからタスクの追加をする
Googleカレンダーから追加したタスクをRemember The Milkから見る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -