ニュース
» 2006年12月05日 16時12分 UPDATE

アリエル・マルチスケジューラがiCalendar、Webcalに対応

無料のスケジュール管理ソフト「アリエル・マルチスケジューラ」がバージョンアップし、iCalendar形式のカレンダーデータの取り込み機能に対応した。前バージョンでは不可能だったGoogleカレンダーにインポートした外部サービスの取り込みも可能になっている。

[吉田有子,ITmedia]

 アリエル・ネットワークは、P2P技術を使った無料スケジュール管理ソフト「アリエル・マルチスケジューラ」の最新バージョン「4.6.3」を12月5日に公開した。iCalendar形式のカレンダーデータの取り込みが可能になり、Webcalプロトコルにも対応した。

yy_ariel01.jpg マルチスケジューラに各種のiCal形式サービスを取り込んだ。アイコンは各サービスのファビコンを取り込んでいる

 マルチスケジューラは前バージョンの4.6.2でGoogleカレンダーの取り込みに対応した。しかし、livedoorの「iCal天気」のような外部のカレンダーをGoogleカレンダーにインポートしていても、それをマルチスケジューラに取り込むことはできなかった(11月15日の記事参照)。

 今回のバージョンアップではこの問題を解決。Googleカレンダーにインポートした外部のカレンダーに加え、それ以外のiCal形式のカレンダーもマルチスケジューラに取り込み可能になった。

yy_ariel02.jpg スケジュール表示画面上の「外部カレンダー一覧」から外部カレンダー取り込みの設定画面に進む。ここで取り込んでいるカレンダーのチェックを外して非表示にすることもできる
yy_ariel03.jpg 「アプリケーション設定」左段のメニューから「外部カレンダーの設定」を選択し、外部カレンダーのURLを追加する
yy_ariel04.jpg Googleカレンダーから追加する場合は、「カレンダーの管理」−「カレンダー」で個別のカレンダーを開き、「ICAL」ボタンをクリックする。「URL」を登録するとGoogleカレンダー経由ではなく外部サービスの直接登録になる

 上記で画像を使って紹介した登録手順を動画でも紹介しています。

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ