ニュース
» 2007年07月13日 00時30分 UPDATE

3分LifeHacking:タスク切り替えだけVista風にする

各ウィンドウの画面をサムネイルで表示するビジュアルなタスク切り替えが、Windows Vistaの外見的な特徴の1つ。Microsoft純正のツールで、Windows XPでも同じような見せ方にすることができる。

[斎藤健二,ITmedia]

 Windows Vistaのダイナミックなユーザーインタフェース「Windows Aero」。評価はさておき、タスク切り替えについてはなかなか便利だ。

 [Alt]+[Tab]を押すと、動作しているアプリケーションの画面のサムネイルが並び、一目で切り替えようとしているアプリケーションが判別できる。さらにすごいのが[Windows]キー+[Tab]だ。大きなサイズのサムネイルが3D状に重なって表示され、紙をめくるようにタスクを切り替えられる。

ks_alttab1.gif 印象的なVistaのタスク切り替え([Windows]キー+[Tab])
ks_alttab2.gif Vistaでは普通の[Alt]+[Tab]もプレビューが表示され、分かりやすくなっている
ks_alttab3.gif こちらは昔ながらWindows XPのタスク切り替え画面

 しかし実はWindows XPでも、Vistaの[Alt]+[Tab]レベルの切り替え法は可能だ。米Microsoftが提供している「Alt−Tab Replacement」をインストールすると、表現は多少異なるがVista並のタスク切り替えが実現する。

 Webブラウザを開いていれば、切り替え時の画面にはどんなページを開いているかがサムネイルで確認できるし、画像を開いているならそれをサムネイルで確認しながら切り替え可能だ。

ks_alttab4.gif 「Alt−Tab Replacement」を導入すると、Windows XPでもウィンドウのサムネイルを見ながらタスクを切り替えられる

 面白いのは、複数のウィンドウを開けるアプリケーションの場合、それぞれを[Alt]+[Tab]で切り替えられるようになること。例えばPhotoshopで複数の画像を開いているときに、[Alt]+[Tab]を押すと、Photoshopで編集中の各画像のサムネイルも表示され、アプリケーションを切り替えるのと同様に切り替えが可能になっている。

 また、通常表示されているウィンドウと最小化されているウィンドウでは表示が異なる。(論理的に考えると当たり前だが)最小化されているウィンドウはサムネイルが表示されない。

 Windows Vistaが出てからしばらく経つが、まだまだXPを使い続けている(使い続けなくてはならない)人も多いだろう。タスク切り替えだけでも、Vista風を体験してみてはいかがだろう。

本日のレシピ
アプリケーション 提供元
Alt−Tab Replacement Microsoft

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ