連載
» 2007年08月16日 14時01分 UPDATE

シゴトハック研究所:チームの状況をおおまかに把握するには?【問題編】

突如プロジェクトのリーダーを引き受けることになったヒロシ主任。まずはチームメンバーの進捗状況を把握しようと考えています。

[大橋悦夫,ITmedia]

 カホコさんを迎えて、ますます活気づくノリオプロジェクト(※)ですが、参加メンバーの一人であるヒロシ主任に大きなミッションが課せられようとしているようです(※ノリオ課長が陣頭指揮を執る部門横断の新規事業プロジェクト)

manga57.gif     マンガ:ふじたきりん

ノリオ課長 今日はミーティングに入る前にみんなに1つ知らせておきたいことがあるんだ。昨年発足したこのプロジェクトも、みんなのおかげでようやく軌道に乗ってきて、ある程度のゴールも見えてきた段階だ。そこでなんだが、ぼく自身は一歩引いて、今後のプロジェクト運営については誰かに一任したいと思ってるんだ。

ヒロシ主任 いいですね! 今までいろいろと苦労してきた甲斐があります。

ノリオ課長 そうだね。で、ヒロシ主任。まさにキミにリーダーをお願いしたいと思っているんだ。

ヒロシ主任 え? 私ですか!?

ノリオ課長 プロジェクト運営といっても、まずはみんなの進捗管理からだ。最初はぼくがやってきたことを一通り伝えるための引き継ぎ期間を設けるけど、やはりヒロシ主任のやり方で取り組んで欲しいこともあるから、最低限でいいだろう。

ヒロシ主任 うーん、私にできるでしょうか……。

ノリオ課長 足りないことは周りのみんなから手を借りればいいんだ。みんな異議はないよな?

ヒロシ主任 じゃぁ、さっそくですがチームハックに詳しいタカフミ君にアドバイスをもらおうかなー。

タカフミ君 いやいや、そんなに詳しくないですよ。だいたい僕はまだ社歴浅いですから!

カホコさん そうしたら、3人で考えませんか? 私もタカフミさんも短い期間とはいえチームハックの実践経験社ですから。

タカフミ君 よし! そしたら3人で考えることにしましょう。ポイントは何だろうね。

ヒロシ主任 メンバーがそれぞれ別々のスケジュールで動いていること。

タカフミ君 確かに。そして、それを把握するのが大変ということもありますね。

カホコさん タカフミさんと毎日やっているペアワークの考え方を活用できないかしら?

タカフミ君 うーん、メンバーが増えたら大変になるよね。「私はやらなくてもいいか」ってサボってしまう人は必ずどんなチームにもいますから。

カホコさん ペアだとあんなにうまくいくのに……。

ノリオ課長 いや、もう少し工夫すればカホコさんたちの経験は十分に活用できると思うよ。ヒントはペアを崩さないこと、かな。

筆者:大橋悦夫

1974年、東京生まれ。ブログ「シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌」主宰。学生時代よりビジネス書を読みあさり、システム手帳の使い方やスケジュール管理の方法、情報整理のノウハウなどの仕事術を実践を通して研究。その後、ソフトウェアエンジニア、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、現在は仕事のスピードアップ・効率アップのためのセミナーや研修を手がける。デジタリハリウッド講師。著書に『「手帳ブログ」のススメ』(翔泳社)『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』『チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術』『そろそろ本気で継続力をモノにする!』、近著に『Life Hacks PRESS vol.2』『LIVE HACKS! 今を大切にして成果を5倍にする「時間畑の法則」』がある。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ