ニュース
» 2007年11月07日 16時38分 UPDATE

Gmailがバージョン2へ

Gmailが密かにバージョンアップ。最大の違いは動作速度がさらに増したこと。送信者別のポップアップ機能やコンタクトリストの強化、ショートカットの追加も行われている。

[斎藤健二,ITmedia]

 あまり気づいていないかもしれないが、Gmailがバージョン2へと進化した。言語設定を「English(US)」にすれば利用できる。

※11月8日付記 編集部ではInternet Explorer 7と、Firefox 2.0での動作を確認している
ks_gmail2_1.gif 見た目は変わらないバージョン2。URLに「https://mail.google.com/mail/?ui=2」と入力してもバージョン2が表示できる

 外見での変更は多くはないが、Gmailの画面右上に「Older Version」と表示されているなら、現在バージョン2を使っていることになる。「Older Version」をクリックすれば以前のバージョンに戻して使うことも可能だ。

 Gmail公式ブログによると、今回のバージョンアップはコードを大きく書き換えることで実施した。少し操作してみれば分かるが、さまざまな操作が以前にも増してキビキビと動くようになっている。

 機能追加という意味では、差出人欄にマウスを持っていくとアドレス情報がポップアップし、そこから新規メールを作成したり、チャットを始めたり、その人との最近のメールのやりとりを一覧できたりできる。

 またコンタクトリスト(アドレス帳)のインタフェースが変更になり、複数ペインを使って一覧できるようになった。

ks_gmail2_2.gif 差出人の上にマウスを載せるとポップアップする
ks_gmail2_3.gif コンタクトリストはインタフェースが大きく変わった
ks_gmail2_4.gif 左が新しいメール作成画面。右が従来のもの。違いが分かるかどうか……

 ショートカットも一部追加されている。新しいショートカットは以下の通りだ。

キー 効果
[m] (mute)その差出人からのメールを無視する。受信箱をスキップし自動的にアーカイブされる
[Ctrl]+[s] 書きかけのメールをドラフトとして保存
[#] メッセージを削除(前バージョンでも使えたが今回明示された)
[Shift]+[i] 既読にする
[Shift]+[u] 未読に戻す
[ [ ] メールをアーカイブし前のメールに戻る
[ ] ] メールをアーカイブし次のメールへ進む
[z] アンドゥ
[Shift]+[n] スレッドをアップデートする
[y]→[o] メールをアーカイブし次のメールへ進む

関連キーワード

Gmail | ショートカット | Google | Webメール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -