ニュース
» 2008年06月04日 10時00分 UPDATE

IBM、無料オフィススイート「Lotus Symphony」正式リリース

ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトで構成され、日本語を含む24カ国語で提供される。

[ITmedia]

 米IBMは6月3日、無料オフィススイート「Lotus Symphony 1.0」を正式リリースした。

 Symphonyは、オープンソース文書フォーマット「Open Document Format(ODF)」をベースにしたオフィススイートで、ワープロソフト「Lotus Symphony Documents」、表計算ソフト「Lotus Symphony Spreadsheets」、プレゼンテーションソフト「Lotus Symphony Presentation」で構成される。

ah_lotusdoc.jpg Lotus Symphony Documents

 Symphonyは無料でダウンロード可能だが、IBMは大規模組織向けの有料サポートサービス「IBM Elite Support for Lotus Symphony 1.0」も提供する。有料サービスはユーザー当たり25ドルで、ほかのIBMソフトと同等のリモートテクニカルサポートを利用できる。対応言語は英語、日本語、フランス語、中国語など24カ国語。

 またIBMは、顧客がSymphonyのプラグインを作成したり、同製品をカスタムアプリケーションに統合できるAPIを公開し、無料の開発ツールキットも提供している。

ah_lotusspread.jpg Lotus Symphony Spreadsheets
ah_lotuspresen.jpg Lotus Symphony Presentation

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ