ニュース
» 2008年06月11日 19時30分 UPDATE

電話もメールも一元管理 顧客対応システム「desknet's CAMS」の新版

ネオジャパンは、 Webベースの顧客対応システム「desknet's CAMS」をバージョンアップする。メールへの自動対応やセキュリティ管理、顧客情報の管理機能を強化した。

[杉本吏,ITmedia]

 ネオジャパンは6月11日、 Webベースの顧客対応システム「desknet's CAMS(キャムス)」をバージョンアップする。価格は5ユーザーライセンスが15万7500円で、100ユーザーライセンスが115万5000円。動作環境はサーバOSがWindows Server 2003(.NET Framework 2.0が必要)、クライアント環境はWindows Vista/XP、Internet Explorer 6以上、Firefox 2以上、Opera 9以上で利用できる。

ts_cams.jpgts_cams2.jpg desknet's CAMSのメール詳細画面(左)とメール一覧画面。顧客データを共有して一元管理できる

 desknet's CAMSは、メールや電話での顧客対応の内容をチームで共有し、業務効率を改善するためのソフトウェア。顧客からの問い合わせのやりとりをデータとして保存し、顧客満足度の向上、社内で蓄積したデータを有効活用できるとしている。

 顧客から送られてきたメールを、共有画面で一元管理する。「完了」「作業中」「未処理」といったメール問い合わせへの進捗状況や対応者、送信日時などの情報をチーム全員で共有し、過去の対応履歴を検索できる点が特徴だ。電話での問い合わせは、対応者が件名、発信者、作業状況などを入力し、電話番号ごとにフォルダ管理する。メールと同様に、履歴データに担当者を設定することも可能。

 今回のバージョンアップでは、メール受信時に自動返信し、受信したことを顧客に通知するための「自動返信機能」を追加。また、顧客からメール返信があった際に、そのメールの前回対応者を自動的に担当者として設定し、作業用ボックスにメールを振り分けられる。

 送信したくないドメインを設定する機能も新たに搭載。ダイレクトメールなどを送信する際に、ブラックリストに登録したフリーアドレスや携帯電話への送信を防ぐ。不要になったメールデータは、一括でダウンロードして保存することが可能だ。

 このほか、蓄積した顧客情報を、顧客種別や業種によってグループ化することで、検索しやすくした。顧客管理機能とダイレクトメール作成機能を連携することも簡単になったという。

 「履歴が残しにくかった電話対応の記録も、顧客の会社名やメールアドレスを関連づけた形で管理できる。蓄積したデータを効果的に利用できるはず」(ネオジャパン)。現在発売しているSaaS版も、順次バージョンアップする予定だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -