ニュース
» 2008年09月17日 09時48分 UPDATE

3分LifeHacking:粘着テープを携帯して持ち歩く

外出先で荷物を梱包する時に便利な、携帯サイズの粘着テープを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]
st_nentyaku01.jpg ポケットスリオン

 ビジネスマンにとって、出張先のホテルに宅配便で先に荷物を送っておくというのは、出張時の持ち物を減らす極めて有効なテクニックの1つだ。長期の出張において着替えを先に送っておいたり、商談で使う商品サンプルをいち早く送っておくなど、往路で使わない荷物を先に送っておけば、あとは最小限の荷物だけを持って移動できるからだ。

 さて、ここでよく問題になるのは、荷物を梱包する粘着テープの扱いだ。往路であれば荷物は会社で梱包すればよいので、使い終わった粘着テープは会社に置いてくれば済む。しかし復路の荷物をホテルで梱包する際、使い終わった粘着テープは扱いに困る存在である。梱包の中に収納することもできず、かといって持って帰るにはサイズ的にかさばりすぎる。捨ててしまうのはあまりにももったいない。

 粘着テープそのものをホテルのフロントで借り、使い終わったら返すという方法もあるが、少しの量ならまだしも、当たり前のように借りて大量に使うのは若干気が引ける。仕方なく、あらかじめ一定の長さのテープを切って箱の外に出しておき、粘着テープ本体を荷物の中に入れて梱包するテクニックに頼る羽目になるが、いざ梱包してみるとテープの長さが足りず、泣く泣く梱包を再度開封して中から粘着テープを取り出さざるを得なくなることもしばしばだ。

 こうした場合に便利な、携帯用の粘着テープがある。スリオンテックが発売している「ポケットスリオン」がそれだ。要は芯を抜いて平らにしただけの粘着テープなのだが、これが実にコンパクトで持ち歩きやすく、出張用途では重宝する。携帯電話程度の厚みしかないため、ポケットに入れてそのまま持ち帰るのでもよいし、使い終わった後に梱包箱の隙間から無理矢理ねじ込むことも可能だ。

 幅は50ミリと、一般的な粘着テープと変わらない。テープの長さは4メートル。以前、同じような製品として、協和紙工の平型布粘着テープ「FLA-T」を紹介したことがあるが、ポケットスリオンはFLA-Tよりも薄く、携帯電話とほとんど変わらない形状だ。実際に使ってみると、巻き方と形状におけるちょっとした工夫が、これまでなかった快適さを生み出していることに驚かされる。外出先で荷物の梱包をする機会が多い人は、本製品を持ち歩いてみてはいかがだろうか。

st_nentyaku02.jpgst_nentyaku03.jpg 通常の粘着テープの芯を抜いて平らにつぶした形状だが、もとからこの形で巻かれているため歪みもなく、張りやすい。携帯電話とほとんど変わらないサイズなので持ち運びにも最適

本日のレシピ
製品名 実売価格 販売元 購入場所
ポケットスリオン 210円 スリオンテック 東急ハンズ池袋店

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -