連載
» 2008年11月04日 15時57分 UPDATE

3分で読める! 隣のヤツより成果を出す勉強術:テクニックを盗む時に気をつけなければいけないこと (1/4)

ビジネステクニックを身に付けるための有効な手段に「人のテクニックを盗む」ことが挙げられます。ですが、テクニックだけを盗もうとしても失敗しがち。ではどこに気をつけたらいいのでしょうか。

[水野浩志,ITmedia]

 ビジネステクニックを身に付けるために有効なものの1つに、できる人の仕事のやり方を参考にする、というものがあります。いわゆる「人のテクニックを盗む」というヤツですね。

 職人の世界では、今でも「仕事は教わるものじゃない、盗むもんだ」などとを言う人も多いようですし、一般企業でも、教育意識の低い会社などでは、きちんとした指導を受けないまま現場に放り込まれてしまうこともよくあります。

 また、教育制度がしっかりしている会社であっても、指導者や教育担当者のスキルによっては、熱心に指導する割には、重要なことをきちんと教えてもらえなかったりすることもよくあります。さらには、運良く仕事ができる人に出会えたとしても、自分のテクニックをきちんと人に伝えられるというという能力を持っている人は意外と少ないのです。ですから、優秀な上司の下に、いつまでたっても仕事ができない部下がいる、という光景も珍しくありません。

 つまり、あなたがビジネスで結果を出すためのテクニックを身に付けたいのであれば、人からの教えを待つのではなく、積極的に人のテクニックを盗んでいく、という心構えが必要になります。では「人からテクニックを盗む」ためには具体的にどういった方法があるでしょうか?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ