ニュース
» 2008年11月04日 16時09分 UPDATE

GmailにGadget機能――Remember The Milkも組み込み可能に

GmailにGadget機能が追加され、Google CalendarとGoogle DocsをGmailの左帯に表示させられるようになった。さらに、Remember The MilkからのGadgetを組み込むことも可能だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 Gmailに“Gadget機能”が追加された。左帯部分に、各種サービス機能をユーザーが追加できる。Googleからは、Googleカレンダーに登録した予定などを表示する「Google Calendar gadget」と、Google Docsの書類に検索してアクセスできる「Google Docs gadget」が提供されている。いずれも、Gmail Labs(上部の緑色のフラスコのアイコン)からオンにできる。

 さらに、「Add any gadget by URL」という機能もあり、こちらはユーザーがURLを入力して、外部のサービスについてもGadgetとして左帯に追加できる。

 さっそく公開されている、Remember The MilkのGadgetを登録してみた。

Remember The MilkのGadgetを登録する

 まずはGmail Labsを開いて、「Add any gadget by URL」機能を「Enable」に設定しよう。続いて、「Setting」の中に増えている「Gadget」からURL入力欄に下記のURLを入れて「Add」する。詳細はRemember The Milkのページも参照のこと。

  • http://www.rememberthemilk.com/services/modules/gmail/rtm.xml
ks_rtm1.jpg まずはGmail Labsから「Add any gadget by URL」機能を「Enable」に
ks_rtm2.jpg 続いて「Setting」の中の「Gadget」からURL入力欄にhttp://www.rememberthemilk.com/services/modules/gmail/rtm.xmlを入力する

 するとGmailの左帯にRemember The Milkのワクが追加されているので、IDとパスワードを入れてログインしよう。あとは、タスクの表示設定を調整したり、「タスクを追加」を選べば新規タスクを入力することもできる。

 タスクを選択すると、タスクの内容が枠内に表示され、さらに「more details」を選ぶと、Remember The MilkのWebページが表示される。

ks_rtm3.jpg ログインすると左帯にタスクが表示される。中央は「資料を作る」というタスクを入力したところ。右は「edit task details」を押してみた
ks_rtm4.jpg Optionsを押すと設定が選べる。中央・右の画面は設定をしたところ。表示するリストを選択できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ