連載
» 2008年12月11日 12時38分 UPDATE

シゴトハッカーズ:人と会ったらお礼のメールを出すのだ (1/4)

人と会ったらお礼のメールを返そう、というのはよくいわれますが、なかなか実行は難しいもの。その心理的ハードルを下げて、うまく実行するコツを達人2人に聞きました。

[大橋悦夫、佐々木正悟,ITmedia]
ks_bizid_log.gif

大橋さん、佐々木さん、人と名刺交換をしたはいいけど、それを人脈といえるところまで築くのって難しいですよね。名刺交換後の第一歩は、何をどうしたらいいんでしょう?

ks_sasaki_log.gif

そうですね。私は可能な限り日にちがたたないうちに、メールを出すようにしています。3日もたつと、意外なほど盛り上がった話の内容でも忘れてしまいますので、「この人とはもっと話をしたい」と思ったら、即日か翌日にはメールを送るようにしています。

ks_bizid_log.gif

どのようなメールを送るんですか?


ks_sasaki_log.gif

メールの内容は、盛り上がった話の内容をまとめたものや続けて話したかったことなどです。


ks_bizid_log.gif

相手が返信したくなるような内容――といことでしょうか? 単に、「お会いできて楽しかったです!」ではなく?


ks_sasaki_log.gif

相手の人も自分も興味の持てるような話題について、ですね。話が盛り上がった人であれば共通の話題は既にあったということになりますから。


ks_bizid_log.gif

そういったメールを送ると人脈作りの上で、どんな効果が期待できますか?


ks_sasaki_log.gif

自分と興味の方向性が似ている人との関係が築けますから、そういう人が暖めているプロジェクトなどに、直接、間接を問わず関係できるという効果があるかと思っています。以前、セミナーでお会いした人が近い将来脳科学の月刊誌を刊行しようと計画されていたのですが、その計画についていろいろと意見交換することができました。私自身はそのプロジェクトに参加する運びにはなりませんでしたが、以前からそうしたことがやりたかったので、その人とは今でも連絡を取るようにしています。

ks_bizid_log.gif

人と会ったらお礼のメールを返そう、というのはよくいわれますが、なかなか実行って難しいですよね。なにかコツがあるのでしょうか?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ