ニュース
» 2009年12月18日 18時07分 UPDATE

仕事耕具:ハーマンミラー、「姿勢に合わせて傾く」デスク

ハーマンミラージャパンは、ワークデスク「エンベロップデスク(Envelop Desk)」を発売する。エンボディチェアを開発しているときにインスピレーションを受けて生まれた製品という。

[塙恵子,Business Media 誠]
photo

 ハーマンミラージャパンは、ワークデスク「エンベロップデスク(Envelop Desk)」を発売する。価格は17万1990円から。

 エンベロップデスクは、ユーザーがリクライニング姿勢や直立姿勢に合わせて、座ったままデスク面を前後に動かせる。天板を2.54センチ手前に伸ばすごとに1度下に傾き、最大で17.78センチ伸び、7度傾斜する。

 どの姿勢でも前腕をサポートするデスク前面は、柔らかく弾力性があり手首への圧力を軽減。デスク前面は、身体がすっぽりと入る「ボディポケット」の形状を採用した。このボディポケットは、さまざまな体格、体型に対応できるように設計している。

 「人、イス、デスク、テクノロジーを調和させ、ユーザーの快適性とパフォーマンスを最大限にする」(ハーマンミラージャパン)

photophotophoto

 デザインを担当したのは、2008年に発表した「エンボディチェア」をデザインしたビル・スタンフ氏とジェフ・ウェバー氏。「エンボディチェアを開発しているときにインスピレーションを受けて生まれた製品」という。

 ハーマンミラーの環境基準デザイン・フォー・エンバイロメント」に基づいてデザインし、43%再生素材を使用し、80%リサイクル可能な素材を選んでいる。

 ベース(脚)の仕様はキャスターまたはグライズから、デスク背面の仕上げカラーはラミネート仕上げ8色、ベニア仕上げ3色から、ベースのカラーは5色から選べる。サイズはキャスター仕様の場合が1145×780〜950×700〜825ミリ(幅×奥行き×高さ)、グライズ仕様の場合は1145×780〜950×650〜800ミリ。なお、納期までに3カ月を要する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -