ニュース
» 2010年06月07日 21時20分 UPDATE

「大画面になるだけで使い勝手が大きく変わる」――iPadでLotus Notesを使ってみた (1/2)

「画期的な端末」という声がある一方、「iPhoneの画面が大きくなっただけ」と揶揄(やゆ)する意見もあるiPad。実際にビジネスシーンで使おうとすると、どのような雰囲気になるのか。いいじゃんネットの坂本史郎社長に、iPadでLotus Notesを利用する様子を見せてもらった。

[Business Media 誠]

 日本では5月28日に発売されたiPad。「画期的な端末」という声がある一方、「iPhoneの画面が大きくなっただけ」と揶揄(やゆ)する意見もあるが、実際にビジネスシーンで使おうとすると、どのような雰囲気になるのだろうか。

 先日、いいじゃんネットの坂本史郎社長がCACHATTO(カチャット)というミドルウエアを使用して、セキュアな環境でLotus Notes/Dominoを利用している様子をオルタナティブブログで紹介した。そこで本記事では、坂本氏に詳しい話を聞きに行くことにした。

“画面が大きい”だけで使い方が大きく変わる

 Lotus Notes/Dominoやマイクロソフトの「Exchange」シリーズ、サイボウズの「Office」シリーズなど、社内のイントラネット内で構築したシステムに、社外からセキュアにアクセスしたい――CACHATTOはそういうニーズに応えるミドルウエアだ。モバイル端末からCACHATTOを通してアクセスすれば、社内メール・スケジュール・ファイル・Webなどを使っても、データは端末に残らない。

 CACHATTOは主要キャリアの携帯電話やiPhoneなどのスマートフォン、ノートPCといったモバイル端末に対応。今回見せていただいたのは、iPadで社外のインターネットから、CACHATTOを通して、社内ネットワークの中のLotus Notes/Dominoにアクセスするというデモだ。

 これまでiPhoneでやっていたことが、iPadでもできるようになると何が変わるのか。

 「画面が大きくなります(笑)。基本的にはそれだけなのですが、使い勝手や利用シーンは大きく変わります」(坂本氏)

 iPadで仕事の形が変わる一例として、坂本氏はLotus Notes/Dominoでの決裁を挙げた。決裁するに当たっては、送られてきた申請内容を見て、認めるか認めないかを決めるわけだが、iPhoneのような端末では全体を一目で確認することは難しいし、表示される文字も小さくなってしまう。坂本氏は「iPhoneでも画面を縮小しながら見ることはできるのですが、iPadの物理的な広さにはかなわない。見やすさが全然違う」と話す。

ah_saka1.jpg iPhoneとiPadでの決裁画面の違い。フォントサイズの違いが分かるだろうか
ah_saka2.jpg iPhoneとiPadでのスケジュール画面の違い。iPadだとカレンダー表示に加え、個々のスケジュールも1画面で一覧できる
ah_saka3.jpg iPhoneとiPadでのメール画面の違い。iPadのキーボードはノートPCのキーボードなどと似たような感覚で使える

 「iPadでのLotus Notes/Domino利用は、最初は社内で決裁申請などを試してみたら便利だったので、商品力があるなと思いました。そこで、お客さんにデモなどをしてお見せしたら、とても反応が良かったのです。『役員に説明するんだけど、あなたたちは来なくてもいいから(iPadだけ貸して)』ということで、iPadが1人で旅に出たりしています(笑)。画面が大きいことのインパクトは、思ったより大きいですね」(坂本氏)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -