連載
» 2013年09月09日 12時00分 UPDATE

3分LifeHacking:残暑のお供に、オフィス利用に最適な「うちわっぽくない」うちわ3選

オフィスならびにビジネスシーンでの利用に適した、派手さを抑えた「うちわっぽくない」うちわ3製品を紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]

 外回りから帰社した際、あるいは外出先から帰宅した際、手軽に涼んで汗を引かせるためには、うちわは便利なアイテムだ。もっともお堅い職場であれば、あまり派手なうちわを使って大っぴらに仰いでいると、だらしないと注意されることもあるだろう。また、販促物丸出しのうちわをデスク上に常備しておくのは、見栄えもあまりよろしくない。

 今回は今シーズン新たに登場した製品を中心に、オフィスならびにビジネスシーンでの利用に適した、あまり「うちわっぽくない」うちわ3製品を紹介する。まだまだ暑い日が続く中、気に入ったものがあれば手にとって使ってみてほしい。

扇子とうちわが合体、折りたたみ式の「ポケットサイズうちわ」

shk_uchi11.jpg 製品パッケージ。全8色をラインアップ。今回紹介しているのは「Bear」柄

 「ポケットサイズうちわ」は、折りたたみが可能な、扇子とうちわの両方の特徴を併せ持つ製品だ。折りたたんだ状態ではポケットにすっぽり収まるサイズになるので、持ち歩きにも適しているほか、デスク上に常備しておいても目立たない。

 素材はPP製で濡れにも強く、汗ばんだ状態で乱暴に扱っても痛みにくい。カラーは8色で、どちらかというと派手な柄が多いが、ビジネスシーンで使うならば今回紹介している「Bear」柄が、色合いも落ち着いていておすすめだ。


shk_uchi12.jpgshk_uchi13.jpg 画像左は本体を広げたところ。2枚に重なった扇状のPP板を広げて使用する。ちょっと涼むには最適だ。画像右は畳んだところ。厚みは実測で3ミリしかないので、手帳などに挟んで通勤通学時に持ち歩くのもよいだろう

製品名 実勢価格 発売元
ポケットサイズうちわ 399円 ドリームズ

和紙を使ったビッグサイズの長方形タイプ「A4 ウチワ」

shk_uchi21.jpg 全8色をラインアップ。表裏の色はそれぞれ異なっており、まったく違う色を組み合わせた製品もあれば、濃淡が異なるだけの製品もある

 「A4 ウチワ」は、名前の通りA4サイズのうちわだ。長方形ということで、一般的なうちわと違って書類などと重ねてもはみ出しにくく、バッグなどに収納しやすいのも利点だ。和風の色合いということで、デスク上に置いてもそれほど派手に感じられないのがよい。

 表面の素材は和紙だが、芯は竹で、表裏から貼り合わせてあるせいか相当に頑丈。下部にハンドルがついており、持ちやすさも工夫されている。面積が広いこともあり、あおいだ際の風の強さは相当なもの。とにかく強い風で涼みたい場合におすすめだ。


shk_uchi22.jpgshk_uchi23.jpg 今回チョイスしたのは表裏で濃淡が異なる、ネイビーブルー×ダークブルーの組み合わせ。ハンドル部は木製で、広い面積をしならせて仰ぐ際も持ちやすい

製品名 実勢価格 発売元
A4 ウチワ 1260円 アッシュコンセプト

デスク上に立てておけるスタイリッシュな半透明うちわ「solano」

shk_uchi31.jpg カラーはブルー/グリーン/ホワイトの3色で、今回チョイスしたのは七宝の柄を用いたホワイト。パッケージの外観からしてプレゼントなどにもよさそうだ

 「solano」は、立てて保管できるスタンド付のうちわだ。半透明の素材で作られており、使わない時はデスク上などの空きスペースに立てておくことで、周囲の環境に溶け込みやすいのが特徴だ。美観を損ねないという意味ではこの上ない製品といえる。

 持ち手となるハンドルは亜鉛合金製でずっしりと重く、それゆえデスク上に置いても自立しやすい構造になっている。価格は2520円とややハイエンドで、購入するには思い切りが必要だが、実際に使ってみると長らく愛用できる品であることが分かる。なるべくうちわらしさを感じない製品を探している人におすすめできる。


shk_uchi32.jpgshk_uchi33.jpg 本体は楕円形で、下敷きなどに用いられるPET素材でできている。ハンドル部分はずっしり重く、それゆえ仰ぐ際も安定している。起き上がりこぼしに似た形状で、デスク上に立てておける。うちわだとはなかなか気付かれないデザインだ

製品名 実勢価格 発売元
デスクトップうちわ solano 2520円 ナガエ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -