インタビュー
» 2013年11月22日 11時00分 UPDATE

どちらも“大事な本業”:「正社員」と「給料0円のベンチャーCMO」2つの顔を持つ男――STORYS.JP大塚雄介氏の働き方 (1/2)

お金のためではなく、自分のキャリアと自分を必要とするチームのためにダブルワーカーの道を選ぶ――。こんな新しい働き方を実践しているのがSTORYS.JPの大塚雄介氏。このダブルワークは大塚氏のキャリアに何をもたらすのか。

[CAREER HACK]

「CAREER HACK」とは

Photo CAREER HACK

 エン・ジャパン株式会社が運営する「CAREER HACK」は、WEB/IT/ゲーム業界のクリエイター・エンジニア向け情報サイト。ユーザー参加型アイデアコンテストや著名人のインタビューなど、さまざまなコンテンツを配信しています。本記事はCAREER HACK内の「CAREER REPORT」で掲載した記事を一部抜粋・編集して掲載しています。

 CAREER REPORTは、「WEB/IT/ゲーム業界で幸せなキャリアを実現するために必要なものとは何なのか?」という問いに対する答えを探るべく、話題の人へのインタビューや気になる会社への職場訪問レポートなど、“いま注目のヒト・モノ・コト”という切り口の記事をお届けしています。


 本業のほかに、副業を持つ――。新しい収入源としてダブルワークを選ぶ人は、今日、それほど珍しい存在ではない。

 ネクスウェイで、UI構築の責任者を務める大塚雄介氏も、そんな「ダブルワーカー」のひとり。しかし、彼のダブルワークは、一般的なそれとは少々おもむきが異なる。

 彼の副業は、まったくの無報酬で、“人生のSTORYを投稿する”Webサービス「STORYS.JP」のマーケティング責任者(CMO)を務めるというものだ。

 収入を得るための副業でも、片手間のボランティアでもなく、STORYS.JPで働く。他のメンバーたちと同様に責任を持つ働き方を、大塚氏はなぜ選んだのか。そのワークスタイルに見る、新たなキャリアづくりの形に迫った。

Photo 20時までネクスウェイ、それからSTORYS.JPで24時まで働くダブルワーカーの大塚雄介氏

「正社員」と「給料0円のスタートアップCMO」2つの顔を持つ男

―― そもそも、なぜSTORYS.JPにジョインされたのですか?

大塚雄介氏(以下、大塚氏): ひとことで言うとSTORYS.JPというサービスと、それを創る仲間たちに惚れこんでしまったんです。

 私は普段、ネクスウェイでBtoB向け新サービスの企画や設計、UIデザインに携わっています。けれど、心のどこかに「新しい仲間と、いま目の前にある仕事とは別のことをしてみたい」という想いがありました。

 そんなある日、たまたまWantedlyでSTORYS.JPの人材募集を見かけたんです。そこからコンタクトを取ったのが始まりでした。

 最初は「オフィスに遊びにこない?」みたいな軽いお誘い。それで、こちらも気軽に出かけて(笑)。初めてCTOの和田など、現在の仲間と直接話をしました。

 そこで、みんなが口々にSTORYS.JPの魅力について語るんです。どんなサービスを目指していくのか。どんなことを実現したいのか……。言葉は悪いですけど、とにかくバカみたいに本気で、このサービスで世界を変えてみせるという決意が感じられました。

 その熱に触発されたみたいに、気がついたら自分も議論の輪に加わっていました。ただの雑談が、いつの間にかサービスの今後を決める経営会議のようになったのを覚えてます。そこで、UX/UIデザインについての提案や、マーケティング戦略についてなど、自分が提供できそうな知見についてはその場で伝えて。そのときにはもうSTORYS.JPを、この仲間たちと大きくしていきたいという気持ちになっていましたね。

―― なるほど。ところで「別のこと」をしたいなら、転職という選択肢もあったのでは?

大塚氏: そもそも、「別のことをする」=転職という選択肢しかないとは思わなかったんです。ネクスウェイでの仕事に不満があるとか、そういうことではなかったんです。新卒採用の1期生で入社した会社ですから、愛着はものすごくありますし、いまでもネクスウェイでしかできないチャレンジをしています。

―― それでも、報酬は要らないという決意はすごいですね。

大塚氏: 私がジョインしたのは、スタートアップのシード期にあるサービスですし、マネタイズの方法も確立していなかった、約10カ月前ですので。そんななかに途中で参加して、さらに報酬も求めるなんてチームにとってマイナスだと思ったんです。持論ですが、「お金はあとからついてくる」という考えなので。個人的には最初からお金が目的になってしまうというのは、働き方としてあまり幸せじゃないような気がしています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -