ニュース
» 2014年01月31日 11時00分 UPDATE

QRコードを張った場所がレジになる――モバイル決済サービス「ZNAP」、日本上陸 (1/2)

カードリーダーを用意することなくクレジットカード決済を提供でき、QRコードを張ったところは、店頭だけでなくポスターやチラシ、テレビ、Web動画までもがレジになる――。こんなモバイル決済サービスが日本に上陸した。

[後藤祥子,Business Media 誠]
Photo

 QRコードにスマホをかざして暗証番号を入力するだけで、クレジットカード払いが可能に――。財布やカードを出すことなく、スマホで手軽に支払いができるモバイル決済サービス「ZNAP」(ズナップ)が日本に上陸した。

 ZNAP(MPayMe Japan提供)はクレジットカード払いをする際、スマホユーザーが使い慣れたQRコードを使えるという手軽さ、決済時にクーポンを適用できる便利さ、QRコードを張りつけさえすれば、店頭だけでなくポスターやチラシ、テレビ、Web動画までもが“お店になる”という自由度の高さ、導入・運用コストの安さが特徴。今後は銀行口座からの引き落としに対応する予定もあるといい、新たな決済手法として注目を集めそうだ。

ZNAPの使い方

Photo

 ZNAPの利用にあたっては、スマホアプリ(iOS、Android)を通じてあらかじめ利用するクレジットカードを登録しておく必要がある(サービス開始当初はVISAとMasterに対応)。登録が済んだら、アプリを起動して画面中央のアイコンをタップするとQRコードリーダーが起動する。あとはQRコードにスマホのカメラをかざせば暗証番号の入力画面が表示され、番号を入力するとクレジットカード払いが完了する。

 アプリ内にポイントカードやクーポンの機能が用意されているのも特徴の1つ。アプリからZNAP対応店舗をフォローするとクーポンが自動で配信され、好みのクーポンを保存しておくことができる。支払い時に使えるクーポンがあるときは画面に表示されるので、使い忘れることがない。「財布がクーポンやポイントカードでふくれあがることがなくなり、使い忘れも減るので、来店者のメリットになる」(説明員)


ZNAPでショッピング体験はこう変わる

 ZNAPを導入することで、お店は来店者にどんなショッピング体験を提供できるのか。スマホさえあれば、財布を取り出すことなくカード払いで買い物ができるのもその1つだ。

 店がPOSレジとZNAPを連携させれば、買い物に来た人は、レジ付近に張られたQRコードにスマホをかざして暗証番号を入力するだけで、カード払いができる。カードを取り出す必要がなくサインも不要なので、支払いにかかる時間を大幅に軽減できる。

Photo ZNAPとPOSレジを接続すれば、支払い時にレジ付近に用意されたQRコードにスマホをかざし、暗証番号を入力するだけでクレジットカード支払いが完了する

 ZNAPは、店のスタッフがカードを預かったり、カードリーダーに通したりという対面の対応をすることなく、クレジットカード決済サービスを提供できるところもポイントだ。そのため、QRコードを張った場所をどこでも“レジ”できてしまうのが面白い。例えば街中に張ったジーンズのポスターに、ショッピング用のQRコードを張り付けておく。すると、そのジーンズを気に入った通りすがりの人は、スマホのZNAPアプリを起動してQRコードにかざし、暗証番号を入力するだけで、そのジーンズを買うことができる。あらかじめ住所を登録しておけば、その場で配送を手配することも可能だ。

Photo ポスターにスマホをかざして商品を買うことができる

 ZNAPの店舗用ツールは、決済用QRコードの生成ツールのほか、クーポンの生成・配信ツールやカタログ作成ツールも用意される。これらの機能を使えば、ポスターのQRコードを通じてスマホにクーポンとカタログを配信し、商品に関心を持った人が好きな場所で買い物をできるようにすることも可能だ。さらにZNAPのチェックイン/チェックアウト機能を連携させれば、ポスターのQRコードから商品を買った人が、受け取りに指定した店にチェックインすると同時に買ったものを受け取れるようなサービスも提供できるという。

Photo ポスターに張ったQRコードから、クーポンとカタログをダウンロードさせることも可能。チェックイン機能との組み合わせで、最寄りの店で受け取れるサービスも提供できる
Photo ポスターを通じて購入した人が店にチェックインすると、用意すべき商品をスタッフに通知する仕組みを導入できる

 レストランでの利用シーンも面白い。例えば店内のオーダーシステムとZNAPを連携させるとどうなるか。テーブルにQRコードを張り、スマホをかざすとメニューをダウンロードできるように設定しておけば、来店者はスマホにダウンロードしたメニューを見て好きなものを選び、テーブル番号と暗証番号を入力することでオーダーと支払いを行える。店舗側にとってもオーダーや会計の手間を軽減できるというおまけつきだ。

 ほかにも、決済機能とチェックイン機能を組み合わせることで、ホテルの予約とチェックイン後の部屋のカギの開閉、飛行機のチケット予約と搭乗手続きを連携させ、QRコードでまかなえるようにすることもできる。ZNAPを提供するMPayMe Japanのスタッフは、「利用者が新しい使い方を発見してくれるサービス。面白い使い方はどんどん共有して広げていきたい」と話す。

sa_zn51.jpgPhoto 紙の請求書に使うことも可能。ホテルの予約とチェックイン後のドアの開閉を連動させることもできる
sa_zn52.jpgPhoto Webサイトを通じた航空券の販売にも使える。チェックイン機能と連動させれば搭乗手続きも行える
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ