ニュース
» 2014年02月04日 16時04分 UPDATE

品番はMM1000(耳せん):必要な音まで遮断しない「デジタル耳せん」をキングジムが発売

キングジムがノイズキャンセリング技術により、騒音をカットし、人の呼びかけや着信音など、必要な音のみを通す「デジタル耳せん」を発売する。

[Business Media 誠]

 キングジムは、ノイズキャンセリング技術を利用した「デジタル耳せん(品番:MM1000)」を3月7日に発売する。価格は4980円(税抜)。

デジタル耳せん デジタル耳せん(品番:MM1000)

 これまでの耳せんでは、周囲の音を遮断し過ぎるため使用者が不安を感じる、呼びかけ声やアナウンスなど必要な音まで遮断してしまう、などの問題があった。

 今回発売されるデジタル耳せんは、ノイズキャンセリング技術を利用して、乗り物内の騒音やエアコンの空調音など300Hz以下の騒音を約90%カットし、一方で必要な音は聞き取れるようになっている。

ノイズキャンセリングの仕組み ノイズキャンセリング技術の仕組み

 本体サイズは64×64×14ミリ(幅×奥行き×高さ)で重量は33グラムとコンパクト。長さ85センチのケーブルは本体に巻き取れる仕様になっている。単四形アルカリ乾電池1本で100時間使用可能。エネループなどの充電式乾電池も使用可能でその場合の使用時間は60時間となる。カラーは白で持ち歩きに便利な布製ポーチと、4サイズのイヤーピースが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ