連載
» 2015年10月15日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:残念な結果に終わった広島カープ――続投の緒方監督はどっちのタイプか? (1/4)

セ・リーグの優勝候補に挙げられていた広島カープが残念な結果に終わった。ファンの間からは「緒方監督辞任」を求める意見が多数ある中で、本人はユニホームを脱ぐ意思はなく、来季も続投。しかし、組織のトップは結果を残せなければ責任を問われ……。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


セ・リーグの優勝候補に挙げられていた広島カープは「4位」という結果に

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが幕を開けた。セ・リーグは1位のヤクルトと2位の巨人、パ・リーグは1位のソフトバンクと3位のロッテがそれぞれ1位のホームグラウンドを舞台に熱戦を繰り広げている。

 その一方で12日に終了したCSファーストステージ進出も果たせずカヤの外となり、Bクラスの結果で早々と今季を終えた両リーグ4位以下の6球団はシーズンの反省と総括を行いながら来季へ向けた編成作業に本格着手しようとしている。

 その1つとなるべき球団が広島カープだ。開幕前までは「カープ女子」や「カープ芸人」など史上空前とも言えた大ブームは今、秋風とともにすっかり沈静化してしまった感がある。多くのプロ野球評論家や有識者、ファンからセ・リーグの今季優勝候補として挙げられ「V大本命」と目されていたが、開幕から低空飛行。シーズン終盤は軒並み上位球団が急失速した“タナボタ”によってBクラスにいながら優勝に望みをつなげる位置にまで来たものの、結局は69勝71敗3分で借金2の4位だった。

 確かに9月12日の阪神戦(甲子園)で延長12回に広島・田中広輔内野手の放った中堅フェンス越えの本塁打を審判が「インプレー(三塁打)」と誤審したことが大きく響き、ドローとなっていた結果を思い起こすと悔やんでも悔やみ切れない。あの日の一戦で田中の一打が誤審されずに勝ち越し本塁打となり、12回裏の攻撃も抑えて白星をつかめていれば、シーズン終了時に振り返って見た数字上では0.5ゲーム差の3位・阪神を上回ることができた。しかしながら、これはあくまでもすべてが終わってから都合よく考えた上での結果論であり“たられば”の話だ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -