コラム
» 2015年10月30日 10時48分 UPDATE

目のつけどころ:シャープの「ロボホン」は、普及するのか? (1/4)

シャープが久しぶりに「目のつけどころがシャープ」な商品を発表した。ロボット電話「ロボホン」だ。

[金森努,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 シャープは、9月28日には大阪市阿倍野区の本社ビルなどの資産をニトリに売却し、2016年1〜3月期に約148億円の売却益を特別利益として計上すると発表し話題になった。しかし、10月26日に2015年9月中間決算の営業損益を、5月時点の100億円の黒字から一転、260億円の赤字に下方修正するなど苦境が続いている。

yd_sharp.jpg ロボット電話「ロボホン」

 そんな同社が10月7日〜10日にかけて開催された、IT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」で久々に「目の付け所がシャープ」と展示ブースを黒山の人だかりにした商品がある。ロボット電話「ロボホン」だ。

 ロボホンは二足歩行が可能な愛らしい身長20センチ弱の人形ロボットで、ニュースリリースによれば、『モバイル通信(LTE/3G)に対応し、音声通話をはじめ、メールやカメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新たに開発したフォーカスフリーの小型プロジェクターも搭載しているので、写真や映像、地図などを壁や机などに投影することも可能です。また、各機能は“RoBoHoN”(ロボホン)との音声対話で簡単に操作できます。ロボットとして様々なコミュニケーション動作やキャラクター性によって自然な対話を実現しているので、愛着を持って使用していただけます』とある。プロモーションサイトの映像を見ると、その使い方などが一目で分かる(参照リンク)

 また、東洋経済オンラインの記事では『ロボホンは、ユーザーとのやりとりから学ぶようにプログラムされているので、使うたびに同社のクラウドシステムにデータが蓄積されていく。また、カメラの顔認識機能で人の顔を識別し、個人秘書にもなる』とある。ただの何でも付いているオモチャ的なロボット電話ではないのだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ