ニュース
» 2016年01月18日 15時49分 UPDATE

全国百貨店の2015年売上高、外国人客は大幅増も0.2%減

日本百貨店協会が発表した2015年の全国の百貨店売上高は、既存店ベースで前年比0.2%減となった。

[ITmedia]

 日本百貨店協会は1月18日、2015年の全国百貨店売上高を発表した。全体では対前年比で0.2%減(既存店ベース)と4年ぶりにマイナスとなった。全店ベースでも同0.6%減だった。

 全国での売上高は全店ベースで6兆1742億7863万6000円。商品別では、雑貨が対前年比で7.1%増の1兆1億7000万4000円と伸びたが、商品券(同5.4%減)、サービス(同3.8%減)、衣料品(同3.7%減)、家庭用品(同3.6%減)などが苦戦した。

 一方、インバウンド消費は好調で、訪日外国人客数は約250万人(同63%増)、売上高は約1943億円(同62.4%増)を記録した。

中国人観光客をはじめ外国人対応に力を入れる百貨店各社(出典:松屋銀座Webサイト) 中国人観光客をはじめ外国人対応に力を入れる百貨店各社(出典:松屋銀座Webサイト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ