連載
» 2016年02月03日 07時14分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:清原和博が「スーパースター」から「容疑者」となった日 (1/4)

西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。かつての「スーパースター」はなぜ「容疑者」になってしまったのか。関係者に聞いてみたところ……。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


yd_usukita2.jpg 男道』(幻冬舎文庫)

 プロ野球のセ・パ両リーグ12球団が2月1日から一斉にキャンプインとなった。しかし華々しく号砲が鳴らされてから、わずか1日後。日本球界は「大物OB、逮捕」の衝撃ニュースによってメガトン級の激震が走ることになる。

 西武や巨人、オリックスで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が2日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたのだ。都内の自宅マンションに覚せい剤0.1グラムを所持していた疑いで本人も「私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。

 高校時代はPL学園で1年生の時からレギュラーに名を連ね、5季連続で甲子園に出場。甲子園通算13本塁打を放ち、1年夏と3年夏に2度の優勝を飾った。1985年秋のドラフト時は相思相愛と思われていた巨人への入団を希望しながらも夢は叶わず、代わって1位指名された西武へ入団した。そこからはスター街道をバク進。FA権を行使して巨人へ移籍後は好不調の波に苦しみながらもファンから「番長」「だんじりファイター」などと呼ばれて熱狂的な支持を集め、2008年のシーズンで22年間の現役生活にピリオドを打った。

 だがその後、転落の人生が待ち受けていようとは夢にも思わなかったであろう。

 引退後は野球評論家に身を転じ、同時にタレント活動も続けていたが、知名度抜群の売れっ子で華やかな仕事ぶりとは対照的に私生活は徐々に破たんの方向へと進んでいた。

 週刊誌報道によって薬物使用疑惑が何度か持ち上がり、そのたびに本人が別のメディアで全否定。だが、2014年3月に再び週刊誌上で「深刻な薬物中毒に陥り、奇行癖まで現れ始めている」とかなり突っ込んだ形で具体的に報じられると、それまでなかなかウワサの域を出なかった疑惑がグンと信憑性を増していった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ