連載
» 2016年02月25日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘 (1/5)

福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


yd_usukita1.jpg 福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手(出典:福岡ソフトバンクホークスのFacebookページ)

 背水のシーズンを迎えようとしている2人の大物プロ野球選手がいる。福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手とオリックス・バファローズの中島裕之内野手だ。かつて日本の西武ライオンズでスターの座に君臨していた両者は米球界挑戦を経て昨オフ、それぞれ現在所属の球団から3年12億円(推定)の巨額契約を提示されて入団。しかしながら復帰1年目は、その期待に応えることはできなかった。つい1年前までヒーローとして歓迎されていた2人は一転して今、厳しい立場からのリスタートを強いられている。

 しかし日本の各メディアは欧米に比べ、なぜか優しい。崖っぷちであるはずの2人に対し、まだ温かい眼差しを向けている。特に松坂に対しては2月1日から始まった宮崎春季キャンプで順調な調整を続けていることに美辞麗句を並べて賞賛の嵐を送っている。ブルペン入りし、投球練習を行っただけで「開幕ローテ入りへ大きく前進」と論じているメディアもあった。だが、ここまで持ち上げるのはちょっといかがなものかと思ってしまう。どうしても違和感を覚えざるを得ない。

 2015年8月に「関節唇および腱板のクリーニング術」などでメスを入れた右肩は確かに状態がいいようだ。先日はフリー打撃で“対戦”したチームメートでトリプルスリー男の柳田悠岐外野手から「スゴいです。とにかくスゴい」と絶賛された。松坂自身も現在の右肩について「米国に行った年くらい(の状態)です」と2007年からボストン・レッドソックスでプレーし、15勝をマークしたメジャーのルーキーイヤーと同等のコンディションであることを何度となく強調している。ただしそうは言っても、まだ開幕前の段階だ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ